Newsweek

アメリカ社会

高校の保護者向けに服装規定が必要になった理由

2019年4月25日(木)16時45分
ジェイソン・マードック

    こんな格好で来られたら、学校としてもちょっと困る efenzi/iStock

    <高校の決断で明らかになった、親たちのありえない格好>

    米テキサス州ヒューストンの高校が生徒の保護者向けに服装規定を作った。学校のホームページにも掲載されたこの規定、今週地元メディアに取り上げられてちょっとした騒ぎになっている。

    ジェームズ・マディソン高校の校長名で保護者に送られた手紙には、望ましくない服装が具体的に挙がっているが、その内容がすごい。


    髪にカーラーを巻いたまま、パジャマ姿、露出の大きいトップスや体の線があらわになるレギンス、シャワーキャップやナイトキャップ、わざと切り裂いた服......

    普通は自分の家でなければ見せない姿も混じっているのだ。

    「わが校の規則を守れない方は、校内に入れません。帰宅して、学校に来るのにふさわしい服に着替えてください」と、手紙は訴える。「保護者のみなさんは、生徒が最初に見習う教師です......私たちは子供たちが将来成功するよう、良識が身につく教育を行っています」

    手紙は、禁止する服装を10項目の箇条書きにしている。以下はその一部だ。

    ●胸が見えるほど襟ぐりが深い、もしくは露出度が高いトップス

    ●お尻が見えるほど短いワンピース

    ●体の線がはっきり見えるスパッツやバストラインを強調する服

    ●あらゆる種類のパジャマ、室内履き。パジャマや下着、ルームウェアのように見える服装

    「私は生徒じゃないのよ」

    ソーシャルメディアでは、この方針をめぐってさまざまな意見が飛び交っている。

    「学校にはドレスコードを定める権利がある......だけど、私からレギンスをもぎ取ろうとしても無駄よ」

    銃規制反対派のスローガン、「私から銃をもぎ取ろうとしても、無駄だ(you pry it from my cold, dead hands)をもじってフェイスブックに投稿されたおふざけメッセージは何千回もシェアされた。

    フェイスブックには学校の方針を擁護する投稿もあった。「自分自身も自分の子供もリスペクトして、公共の場ではきちんとした服装をすること。学校であれ職場であれ、その場に相応しい服装を心がけるべきだ」

    だがKHOU 11ニュースの取材を受けたドーラ・ブリーディングは言う。「私たちは納税義務を果たしている成人だ。何をすべきか、何を着るべきか、指示される筋合いはない。私たちは生徒じゃない。親だ!」

    この論争、しばらく続きそうだ。

    201904300507cover-200.jpg

    ※4月30日/5月7日号(4月23日発売)は「世界が尊敬する日本人100人」特集。お笑い芸人からノーベル賞学者まで、誰もが知るスターから知られざる「その道の達人」まで――。文化と言葉の壁を越えて輝く天才・異才・奇才100人を取り上げる特集を、10年ぶりに組みました。渡辺直美、梅原大吾、伊藤比呂美、川島良彰、若宮正子、イチロー、蒼井そら、石上純也、野沢雅子、藤田嗣治......。いま注目すべき100人を選んでいます。


    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:AI vs. 癌

    本誌 最新号

    特集:AI vs. 癌

    ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

    2019年10月22日号  10/16発売

    人気ランキング

    • 1

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 2

      交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

    • 3

      新EU離脱協定案はイギリス経済に「相当厳しい」内容だった

    • 4

      「歩くのが遅いと老化がすすむ」その兆候は40代半ば…

    • 5

      未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

    • 6

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

    • 7

      光がねじまげられる......ブラックホールをビジュア…

    • 8

      中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

    • 9

      W杯アジア2次予選の北朝鮮vs韓国「無事に帰れたのは…

    • 10

      がん患者の42%が診断から2年で資産を使い果たす:米…

    • 1

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

    • 2

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 3

      ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

    • 4

      中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

    • 5

      韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

    • 6

      交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

    • 7

      韓国訪問中に消えた9人のベトナム外交団員 公安当局…

    • 8

      未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

    • 9

      性的人身売買から救われた少女が自殺 犯人の男と家…

    • 10

      日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

    • 1

      韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

    • 2

      写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

    • 3

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 4

      「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

    • 5

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

    • 6

      繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

    • 7

      「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

    • 8

      米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

    • 9

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 10

      全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】豪華クルーズ船はますます好調