Newsweek

米大統領戦

米大統領選、バイデン出馬で身構えるトランプ

2019年4月26日(金)16時30分
ジェイソン・レモン

    Brian Snyder-REUTERS

    <米大統領選に遂に名乗り出たのは民主党の重鎮で最有力候補のバイデン前副大統領。20人の民主党候補のうちただ一人、トランプも脅威に感じている>

    オバマ政権で副大統領を務めたジョー・バイデンが4月25日(米国時間)、2020年大統領選挙への出馬を目指すべく、民主党候補者指名争いに立候補することを正式に表明した。元共和党全国委員会(RNC)委員長で現在は政治評論家であるマイケル・スティールは、ドナルド・トランプ大統領はバイデンについて、すでに「懸念を覚えている」と述べている。

    スティールは4月25日朝、MSNBCに出演し、バイデンの立候補表明について見方を語った。スティールは、トランプはバイデンを最も手ごわい相手と考えているはずだと述べたうえで、「(バイデンに対して)汚いツイートをたくさん出してくるだろう」と警告した。また、トランプが25日朝にバイデンに向けて投稿したツイートに触れ、「トランプが不安に感じている証拠だ」と語った。
    「すでに立候補している民主党の19人の候補者たちの顔ぶれを見る限り、ジョー(バイデン)は最も準備が整っている。低俗な方法を使う必要なく、落ち着いた洗練されたやり方でトランプのあとを追えると私は見ている」

    バイデンが立候補を表明したキャンペーンビデオ。白人至上主義を容認するトランプを批判した


    <関連記事>バイデンの人知れぬ善行がネットで拡散、感激するアメリカ人



    「女性に触り過ぎ」「強引なキスをされた」などと非難されるスキャンダルもあった


    <関連記事>バイデン前副大統領「髪にキス」で窮地に

    トランプも特別な対応

    トランプは、バイデンが立候補するとすぐにツイートで反応した。そのことが、トランプが直面している状況をよく物語っていると、スティールは言う。「民主党の指名を争うほかのあまたの候補とジョー・バイデンを比べると、トランプの対応が違う」
      
    トランプは25日朝、バイデンの立候補表明を受けて次のようにツイートした。「選挙戦にようこそ、スリーピー・ジョー(寝ぼけまなこのジョー)。君が予備選をうまく戦い抜くための知性を持っていることを祈るばかりだ――前々から怪しんでいたことなのだが。ひどい戦いになるだろう。君が相手にするのは、吐き気を催すようなとんでもなく狂った考えを持つ人間たちだからだ。君が勝利をおさめたあかつきには、出走ゲートで会おう!」

    トランプはまた、現RNC委員長ロナ・マクダニエルが、バイデンと前大統領バラク・オバマが政権についていたときの経済実績を批判した内容のツイートをリツイートしている。

    マクダニエルはこうツイートしていた。「ジョー・バイデンが記録を見たいと思ったときのために書いておこう。オバマとバイデンの8年間で、製造業の雇用者数は19万3000人も減った。トランプは2年あまりで、製造業で45万3000人の雇用を創出した。バイデンにアメリカを後退させてはならない!」

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:上級国民論

    本誌 最新号

    特集:上級国民論

    特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

    2020年2月25日号  2/18発売

    人気ランキング

    • 1

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 2

      今日も市場で生きてるコウモリ販売するインドネシア 新型コロナ感染ゼロの理由とは

    • 3

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 4

      日本の「新型肺炎」感染拡大を懸念する韓国がまだ「…

    • 5

      米共和党上院議員が中国を嘘つきと非難

    • 6

      ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

    • 7

      感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

    • 8

      新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

    • 9

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 10

      インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

    • 1

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

    • 2

      今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」となるかもしれない

    • 3

      中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級」と世界が囁き始めた

    • 4

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 5

      韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

    • 6

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 7

      「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

    • 8

      新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

    • 9

      インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

    • 10

      「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初…

    • 1

      ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

    • 2

      「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

    • 3

      一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

    • 4

      ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

    • 5

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 6

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 7

      韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

    • 8

      「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

    • 9

      BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

    • 10

      「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】流血と破壊に蹂躙される現代の暗黒郷アマゾン