Newsweek

一帯一路

中国、「一帯一路」参加国の不安払拭に注力 東南アジアの鉄道計画再開アピール

2019年4月27日(土)12時48分

    一帯一路の参加国を集めて2回目の首脳会談を今週主催する中国政府は、このインドネシアのプロジェクトに加え、数カ月にわたる交渉を経て先日再開に漕ぎつけたマレーシアのイースト・コースト・レール・リンク(ECRL)をアピールすると見られている。写真は2月、インドネシア・ジャワ島の高速鉄道トンネル建設現場(2019年 ロイター/Willy Kurniawan)

    インドネシア・ジャワ島の農村部では、オレンジ色の作業員2人が、軌道建設計画について中国語で相談していた。首都ジャカルタと繊維産業の中心地バンドンを結ぶ総工費60億ドル(約6700億円)の高速鉄道プロジェクトの1区間だ。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:検証  日本モデル

    本誌 最新号

    特集:検証 日本モデル

    日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

    2020年6月 9日号  6/ 2発売

    人気ランキング

    • 1

      西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

    • 2

      韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

    • 3

      レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

    • 4

      ブラジル、食肉施設で約2400人が新型コロナ感染 南部…

    • 5

      警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

    • 6

      東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

    • 7

      中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 イン…

    • 8

      新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(1…

    • 9

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 10

      新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…