Newsweek

米司法

「腰が引けた?」「期待外れ」 ロシア疑惑巡るモラー捜査報告書に失望の声

2019年4月28日(日)14時36分

    隠せぬ失望

    その一方で、モラー氏の捜査でトランプ政権に終止符が打たれると信じていたファンの多くは、失望を隠していない。

    「結局は、腰が引けた部分があった」と、保守派ニュースサイトへの批判的立場で知られるメディア監視団体メディア・マターズ・フォー・アメリカの創設者デービッド・ブロック氏は言う。

    特に、対面での事情聴取が行われていたなら、トランプ大統領の意図について新たな証拠が得られ、トランプ氏のうそを押さえられた可能性があると、一部の法律専門家は指摘する。

    「もしトランプがうそをつき、そのうそが報告書で指摘されていたなら、バー長官が無罪を宣言するのはもっと難しくなっていただろう」と、ワシントン州の法廷弁護士のローレンス・ロビンス氏は言う。

    トランプ大統領が自主的に事情聴取を受けることを拒否したため、召喚状を出した場合、法廷闘争が長引くことを懸念した、とモラー検察官は報告書で説明。モラー氏はまた、別の提供者から十分な情報を確保したとしている。

    だが、もし長期化をそれほど心配するのであれば、もっと早期に召喚状を入手できたはずだと、クリントン政権でホワイトハウスの法務担当を務めたネルソン・カニンガム氏は言う。

    1990年代の「ホワイトウォーター疑惑」捜査で、当時のクリントン大統領にホワイトハウスの実習生との関係について大陪審で証言させるため、ケネス・スター特別検察官は召喚状を入手した。

    クリントン氏は証言に同意し、のちに偽証と司法妨害で下院から弾劾訴追されたが、上院で無罪となった。

    「トランプ氏はこの事案全体の中心人物であり、1998年のスター特別検察官のように証言を求めなかったことは、2年にわたるモラー氏の捜査に巨大な穴を残した印象だ」と、カニンガム氏は言う。

    トランプ大統領が司法妨害の罪を犯したかどうか、モラー特別検察官がはっきりさせなかったことも、批判されている。

    モラー氏は報告書で、トランプ氏は、汚名を晴らすために迅速かつ公の裁判を受けるという通常の手続きを踏まなかっただろうとして、自らの判断は妥当だとしている。

    「犯罪があったかなかったかを見極めるために、彼は指名された。これは、説明不能で明確な失敗だ」。元連邦検察官で、今はサンフランシスコで弁護士を務めるマシュー・ジェイコブス氏は言う。

    明確な結論を出さなかったことにより、モラー特別検察官は事実上、バー長官が司法妨害容疑の立件に否定的な見解を示すメモを司法省に示していたことを認識しながら、そのバー氏に判断を委ねたことになる。

    モラー氏は、自らの「不活動」がどういう結果を呼ぶか分かっていたに違いないと、1990年代に司法次官補としてバー氏の下で働いたジミー・グルール氏は言う。

    「そして、われわれは、法律のブラックホールに取り残された」と、現在はノートルダム大法学教授のグルール氏は総括した。

    (翻訳:山口香子、編集:下郡美紀)

    Nathan Layne and Ginger Gibson

    [ワシントン ロイター]


    トムソンロイター・ジャパン

    Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:0歳からの教育 みんなで子育て

    本誌 最新号

    特集:0歳からの教育 みんなで子育て

    赤ちゃんの心と体を育てる「全員参加育児」── 健やかな成長のため祖父母がすべきこと・すべきでないこと

    2020年3月31日号  3/24発売

    人気ランキング

    • 1

      韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ルーム」事件の闇

    • 2

      「中国ウイルス」作戦を思いついたトランプ大統領は天才?!

    • 3

      デーブ・スペクター「日本がオリンピックを美化するのはテレビのせい」

    • 4

      「感染で死ぬか、飢えて死ぬか」北朝鮮、新型コロナ…

    • 5

      日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

    • 6

      新型コロナウイルスがあぶり出す日本の危機 自粛ム…

    • 7

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 8

      世界恐慌は絶対に来ない

    • 9

      日本が新型肺炎に強かった理由

    • 10

      キューバが「奇跡の新薬」と医師ら400人を世界に派遣…

    • 1

      日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

    • 2

      日本が新型肺炎に強かった理由

    • 3

      韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ルーム」事件の闇

    • 4

      囚人コーチが教える最強の部屋トレ 自重力トレーニ…

    • 5

      新型コロナ対策、「日本式」の特徴と評価

    • 6

      新型肺炎で泣き面の中国を今度はバッタが襲う

    • 7

      イタリアを感染拡大の「震源地」にした懲りない個人…

    • 8

      10~20代はネットで調べるとき「ググらない」 その理…

    • 9

      ジャパンタイムズ、慰安婦の英語表記を再変更 社長と…

    • 10

      中国の巨大タンカー84隻が一斉にペルシャ湾めざす

    • 1

      一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

    • 2

      日本が新型肺炎に強かった理由

    • 3

      韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

    • 4

      「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

    • 5

      フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

    • 6

      新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

    • 7

      やっぱり日本は終わりだ

    • 8

      ついに日本は終わった

    • 9

      豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

    • 10

      新型コロナウイルス、感染ショックの後に日本を襲う4…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】福島の酪農家、葛藤の9年間