Newsweek

動物

2年越しの調査で絶滅危惧種ジャワヒョウ10頭確認 インドネシア、保護政策が課題に

2019年5月6日(月)19時30分
大塚智彦(PanAsiaNews)

    自然保護団体の2年がかりの調査で撮影されたジャワヒョウ (c) conservationID

    <絶滅したと思われていた野生動物でも、熱帯のジャングルに身を潜めて生き延びていたものもいる。だが、彼らが危機に瀕していることに変わりはない>

    インドネシアのジャワ島にだけ生息する絶滅危惧種のジャワヒョウが、自然保護団体がジャングルに設置した隠しカメラによって10頭確認された。

    インドネシアでは同じく絶滅危惧種のジャワサイの死骸が3月21日に西ジャワで発見され、残る個体数が67頭に減少しているなど、森林開発、違法伐採、密猟などで野生動物が絶滅の危機に瀕していることが問題になっており、国を挙げての保護対策が急務となっている。

    自然保護団体「コンサベーション・インターナショナル(CI)」インドネシア支部と「西ジャワ自然資源保全センター(BBKSDA)」などによる合同チームは西ジャワ州グントゥールのパパンダヤン保護林でジャングル内に隠しカメラを仕掛けて調査を行った。その結果、10頭のジャワヒョウ(オス3頭、メス7頭)の生息を確認した、と地元紙「ジャカルタポスト」が5月4日に報じた。

    CIとBBKSDAは2016〜18年の2年間、ジャングルに60個のカメラを設置して午前6時から2時間、午後10時から2時間撮影し、記録を続けた。

    その結果を詳細に分析した結果、83点の画像の中から10頭のジャワヒョウの存在が確認されたという。CIインドネシアのアントン・アリオ氏は発表された声明の中で「画像の分析から各個体のサイズ、雄雌の判別、ヒョウ柄の模様のパターンを記録することができた」と成果を強調した。

    さらにアントン氏はジャワヒョウの生息が観測された地域には「ジャワギボン、ジャワ灰色リーフモンキー、ジャワスローロリス」などの希少種も生息しており、貴重な動物の宝庫であると指摘。そうした希少動物の生息環境が「違法な森林伐採により脅かされている」と環境破壊に警告を発している。

    ジャワスローロリスは国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近い将来に野生種が絶滅する危惧がある「近絶滅種」に指定されている。

    ジャワトラはすでに絶滅

    インドネシアのジャワ島には固有の動物が確認されており、かつては同じ大型の食肉目ネコ科であるジャワトラも生息が確認されていたが、1976年の目撃情報を最後に生存が確認されておらず1980年代に絶滅したといわれている。

    ところが2017年、ジャワ島西部バンテン州にあるウジュン・クロン国立公園内で職員が撮影した動画に生きているジャワトラらしき動物が写っていた。同国立公園にはジャワヒョウも生息していることから「絶滅したとみられているジャワトラか、個体数が激減しているジャワヒョウか」とニュースになったが、映像からはどちらなのかは断定できずに調査が続けられたが、確定的なことは現在もわかっていない。

    このほかに約100年前に絶滅したとされる動物にジャワゾウがある。最近、ボルネオ島のボルネオコビトゾウがそのジャワゾウの子孫ではないかとの研究結果が世界動物基金(WWF)によって報告されている。

    自然保護団体の2年がかりの調査で撮影されたジャワヒョウ

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

    本誌 最新号

    特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

    政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

    2019年11月19日号  11/12発売

    人気ランキング

    • 1

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

    • 2

      香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

    • 3

      文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の漁船員2人を強制送還

    • 4

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 5

      アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

    • 6

      中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

    • 7

      韓国、アイドルオーディション番組「PRODUCE 101」ヤラ…

    • 8

      雨が降ると植物はパニック状態になっていた:研究結果

    • 9

      債券バブルが崩壊したら株式市場はどうなるか

    • 10

      女性の着替えやトイレを監視──入管が組織的セクハラ

    • 1

      日朝戦争なら韓国は北朝鮮の味方、日本はいつの間にか四面楚歌?

    • 2

      文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の漁船員2人を強制送還

    • 3

      韓国通貨危機の裏側を赤裸々に暴く 『国家が破産する日』

    • 4

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

    • 5

      香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

    • 6

      母親に育児放棄されたチーターが、犬の「代理きょう…

    • 7

      200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

    • 8

      文在寅政権の「自滅」を引き寄せる大統領側近らの忖度

    • 9

      ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

    • 10

      中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

    • 1

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

    • 2

      マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

    • 3

      「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

    • 4

      意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

    • 5

      インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

    • 6

      「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

    • 7

      中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

    • 8

      ラグビー場に旭日旗はいらない

    • 9

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 10

      アメリカが韓国に「最後通牒」......日本との安保対…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】不世出のスター写真家リチャード・アヴェドンを見つめ続けた16年