Newsweek

絶滅

ニュージーランドで進む環境破壊、人類入植以来すでに75種が絶滅

2019年5月8日(水)18時00分
松丸さとみ

    イギリスの生物学者リチャード・オーウェンと絶滅したモア類の骨格 John van Voorst-wikipedia

    <ニュージーランド政府が4年に一度作成している環境報告書によると、人類がニュージーランドにやってきて以来、すでに75種類の動物と植物が絶滅しているという......>

    海鳥の9割が絶滅の危機に

    ニュージーランドといえば、美しい大自然が残り、それを保護しようという環境意識が高い国......というイメージを持っている人も少なくないのではないだろうか。そんなイメージを覆すデータが明らかになった。ニュージーランドでは多くの動植物が絶滅の危機にあり、国は深刻な環境問題に直面しているというのだ。

    ニュージーランドの統計局と環境省はこのほど、4年に一度作成している環境報告書「アオテアロア」の最新版を発表した。

    報告書によると、人類がニュージーランドにやってきて以来(マオリは9世紀頃、ヨーロッパ系白人は18世紀末)、すでに75種類の動物と植物が絶滅している。これには鳥類59種、カエル3種、爬虫類2種、昆虫2種、植物7種が含まれる。

    モアと呼ばれるニュージーランド産の羽を持たないダチョウ目の鳥はすでに絶滅しており、その絶滅のスピードは「人間が絶滅させた大型動物で最速」だったと報告書は述べている。

    matumaru0508a.jpg

    絶滅が危惧される飛べない鳥 タカヘ wikipedia

    現在絶滅の危機にひんしている動植物は86種類ある一方で、ここ10年で状況が改善したのはわずか26種類にとどまった。

    さまざまな動植物の中でも鳥類をとりまく環境は特に深刻で、海鳥90%、岸辺の鳥80%が絶滅の危機にある。

    また、ニュージーランド固有の海洋性哺乳類は26%が絶滅のリスクにあるという。

    ニュージーランドの海洋生物の生態系が重要な理由について統計局は、同地域に生息する種類の多くが他で見られない固有種であるためだと説明。例えば海鳥の場合、ニュージーランド固有のものは世界最多だとしている。

    環境破壊の原因は肥料、灌漑、牛

    とはいえ、ニュージーランドの生態系は詳細がまだ分かっていない部分が多く、絶滅したと報告書に記載されているのはほんの一部の動植物に過ぎないと統計局は説明している。今回調査を行った海洋生物についても、全体のうち20%は十分なデータがないためにどういった状態かの評価をつけることができなかったというのだ。


    ニュージーランドの独立系環境保全団体フォレスト・アンド・バードのケビン・ヘイグ氏は、この報告書は「ゾッとする」内容であり、対応を「何十年も後回しにして無視してきた結果だ」と英ガーディアン紙に述べた。

    ニュージーランドはほぼどの国よりも急速に動植物を失っており、人間は取り返しつかないほどの害を自然に与えているとも話した。

    病原性大腸菌などの病原体が水路を汚染

    フォレスト・アンド・バードによると、環境を破壊している原因は肥料、灌漑(かんがい)、牛だ。ニュージーランドではここ20年ほどで酪農が著しく盛んになっており、病原性大腸菌などの病原体が水路を汚染し、動植物を絶滅に追いやっているのだとガーディアンは説明する。

    また、気候変動の担当大臣を務めるジェームズ・ショー氏(緑の党)は、気候変動も動植物の絶滅危機の原因だと指摘する。ショー氏は、アーダーン政権ではそのため、こうした問題への強力な対抗手段を講じる構えだと説明している。ジャシンダ・アーダーン首相は2017年の選挙の際、次世代の人たちのためにニュージーランドの川や湖を再び泳げるようきれいにすると公約を掲げていた(ニュージーランド地元紙)。

    (参考記事)四本足のクジラの祖先が南米ペルーで初めて見つかる

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

    本誌 最新号

    特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

    終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

    2019年9月24日号  9/18発売

    人気ランキング

    • 1

      コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

    • 2

      サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

    • 3

      韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

    • 4

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

    • 5

      水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

    • 6

      嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

    • 7

      北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

    • 8

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

    • 9

      【韓国経済データ】対日輸出動向(2019年1~8月)

    • 10

      【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

    • 1

      サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

    • 2

      コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

    • 3

      韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

    • 4

      【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

    • 5

      嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

    • 6

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

    • 7

      韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

    • 8

      消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャ…

    • 9

      水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

    • 10

      思い出として死者のタトゥーを残しませんか

    • 1

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 2

      嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

    • 3

      日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

    • 4

      ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

    • 5

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 6

      「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

    • 7

      サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

    • 8

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 9

      コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

    • 10

      韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】モノクロのカリフォルニアに未来を映して