Newsweek

人種差別

メーガン妃の「赤ちゃんの肌の色は?」でCNNが炎上

2019年5月8日(水)18時55分
ベンジャミン・フィアナウ

    第一子誕生で注目が集まるサセックス公爵夫妻ことハリー王子とメーガン妃 Toby Melville-REUTERS

    <ハリー王子とメーガン妃の第一子誕生を「英王室に初のアフリカ系アメリカ人」などと囃し立てる報道に対し、人種は関係ないと戒めたCNNの記事に非難殺到。無神経なサブタイトルが原因だった>

    「(メーガン妃の)赤ん坊の肌はどのくらい黒い?」――ネット記事にこんなサブタイトルをつけたCNNが炎上中だ。記事自体は、サセックス公爵夫人ことメーガン妃の出産をきっかけに持ち出されたアフリカ系のルーツにまつわる「作り話」を封じる趣旨だが、インターネット上ではこのサブタイトルが一人歩きして批判の的になっている。

    政治家やテレビの脚本家、そしてCNNの元従業員までが、ハリー王子とメーガン妃の第一子誕生にまつわる人種問題を論じたこの記事をこきおろした。

    執筆したのは、CNNエンタープライズのライター兼プロデューサー、ジョン・ブレイク。彼はバラク・オバマが大統領になったときのように「人種的多様性の偉大な希望」などとオバマが黒人であることを過度に称える逆差別の風潮に警鐘を鳴らし、今回の出産を「王室に初めて生まれたアフリカ系アメリカ人」などと囃すセンセーショナルで人種差別的な記事が世界中に出回っていることを批判した。

    ブレイクがめざしたのは、「誰かを傷つけることをまったく意識せずに」「こうした偏見を煽るコメンテーターたち」の認識を改めることだった。

    人種差別はどっち?

    だが皮肉なことに、専門家たちはブレイクのほうこそ人種差別に対する意識が低いとCNNを激しく非難した。

    「CNNの幹部クラスに、もっと有色人種を採用すべきだ」と、CNNのニュース番組でアンカーを務めていたソルダッド・オブライエンはツイートした。

    人気トークショー番組の脚本を担当する作家アンバー・ラフィンは、「赤ん坊の肌はどのくらい黒い?」というサブタイトルのスクリーンショットに、記事の要約とハリー王子夫妻の動画を載せた。

    記事のなかでブレイクは、自分もまた混血であることを告白し、オバマをはじめ「権力の座にある非白人の象徴的存在」に対して世間は理不尽に高い期待を持ち、「新しい人種の時代」と持ち上げてきた歴史を批判した。

    これに対し、ラフィンはただ「何それ?」と鼻で笑った。こうした脊髄反射的な反応は、ブレイクが全体として伝えようとしたメッセージからすれば不公平といえるかもしれないのだが、ラフィンの反応に共感する声は膨大な数にのぼった。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:顔認証の最前線

    本誌 最新号

    特集:顔認証の最前線

    世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

    ※次号は9/18(水)発売となります。

    2019年9月17日号  9/10発売

    人気ランキング

    • 1

      【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

    • 2

      外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

    • 3

      韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本との関わりは?

    • 4

      アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

    • 5

      9.11救助犬の英雄たちを忘れない

    • 6

      【韓国政治データ】次期大統領としての好感度ランキ…

    • 7

      2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

    • 8

      香港デモはリーダー不在、雨傘革命の彼らも影響力は…

    • 9

      「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

    • 10

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 1

      タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

    • 2

      消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

    • 3

      「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

    • 4

      韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

    • 5

      【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

    • 6

      思い出として死者のタトゥーを残しませんか

    • 7

      9.11救助犬の英雄たちを忘れない

    • 8

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 9

      韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

    • 10

      英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

    • 1

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 2

      日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

    • 3

      嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

    • 4

      ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

    • 5

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 6

      寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

    • 7

      「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

    • 8

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 9

      韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

    • 10

      「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】モノクロのカリフォルニアに未来を映して