Newsweek

EU

「EU加盟国同士の戦争はありえる」、欧州人3割が回答

2019年5月21日(火)15時00分
松丸さとみ

    「EUは20年以内に崩壊」と欧州人半数以上が予測 mikie11-iStock

    <欧州議会選挙に先立って行われた調査で、欧州人の半数以上が、今後20年以内にEUが崩壊し、3割が「域内戦争あるかも」と回答した......>

    EUへの思いは二極化?

    今月23〜26日に行われる欧州議会の選挙に先立ち、欧州連合(EU)のシンクタンク、欧州外交評議会(ECFR)が行なった調査で、欧州人の半数以上が、今後20年以内にEUが崩壊すると考えていることが分かった。

    調査はEU加盟国28カ国のうち14カ国(オーストリア、チェコ、デンマーク、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、イタリア、オランダ、ポーランド、スロバキア、スペイン、スウェーデン)にて合計6万人を対象に、3月下旬から4月上旬に行われた。

    ECFRは今回の調査で、「EU加盟を支持する人の割合は3分の2に達し、1983年以降最多となった」ことが分かったとしている。

    しかし一方で近年、フランスの「国民連合」(旧国民戦線)やドイツの「ドイツのための選択肢(AfD)」、オーストリアの「自由党」といった極右政党が台頭している影響もあってか、「今後10〜20年でEUは崩壊する可能性があると思うか?」という質問に対しては、回答者の半数以上が「現実的だと思う」と回答した。特に割合が高かったのはスロバキアで、66%の人が「現実的だと思う」と回答。次いでフランスの58%だった。他にも、イタリア(57%)、ドイツ(50%)などで高い割合になった。

    平和目指したはずのEU、今は「域内戦争あるかも」が3割

    1950年に作られた欧州石炭鉄鋼共同体(正式な設立は1951年のパリ条約)から始まった欧州連合だが、もともとは、第2次世界大戦を受け、隣国同士での戦争をなくそうという狙いで作られたものだ(EU公式サイトよりより)。しかし70年近くたち、EU加盟国同士で戦争する可能性もあると考えている人が少なくないことが、今回の調査で明らかになった。

    ECFRによると、10人に3人は「EU加盟国同士の戦争はありえる」と回答した。極右政党の支持者にこう考える傾向が強く、フランスの国民連合、ドイツのAfD、オーストリアの自由党、オランダの自由党、ハンガリーのヨッビク、ギリシャの「黄金の夜明け」の支持者に限定すると割合が高まった。国民連合支持者では46%、AfD支持者では41%に達した。また、今回の欧州議会選挙では投票しないと明言している人にも同じ傾向が見られたという。

    さらに、若年層では支持政党に関係なく「EU加盟国同士の戦争がありえる」と考える人の割合は高まり、18〜24歳に限定すると、オランダで51%、フランス46%、ルーマニア51%などの結果になった。

    今回の調査結果を受けてECFRは、「今のEUにとって最大の問題は、欧州懐疑主義でも反欧州連合でもなく、欧州悲観論(ユーロペシミズム)だ」と述べている。

    本誌紹介

    人気ランキング

    • 1

      拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

    • 2

      過去6600万年の地球の気候の変遷が初めてまとめられる

    • 3

      ペンスの元部下が怒りの内部告発「トランプはアメリカの安全をぶち壊す」

    • 4

      2万年以上前のホラアナグマ、ほぼ完全な状態で発見さ…

    • 5

      ロシアの毒殺未遂にメルケルが強気を貫けない理由

    • 6

      トランプお墨付きの「Qアノン」が笑い事では済まされ…

    • 7

      私の娘だけ差別する義母──汚れた使い古しの贈り物に…

    • 8

      金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

    • 9

      ネットフリックス配信映画『キューティーズ!』がま…

    • 10

      反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

    • 1

      反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船」船長の意外すぎる末路

    • 2

      水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

    • 3

      「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベルだった

    • 4

      韓国の世代間格差と若者の怒り

    • 5

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

    • 6

      仏シトロエン、14歳から免許不要で乗れる2人乗りEV「…

    • 7

      【動画】海辺を歩く2頭のライオンに視聴950万回

    • 8

      EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

    • 9

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

    • 10

      伝説のジャーナリストのトランプ本『怒り』に同業者…

    • 1

      中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

    • 2

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

    • 3

      反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船」船長の意外すぎる末路

    • 4

      1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

    • 5

      手に乗る大きさのゾウの仲間、約50年ぶりにアフリカ…

    • 6

      中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

    • 7

      撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

    • 8

      中国はなぜ尖閣での漁を禁止したのか

    • 9

      米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

    • 10

      アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】光のあふれる美しい家と、愛すべき犬と