Newsweek

アメリカ社会

アベンジャーズ大ヒットを支えたもう一つの要因 「薬物使用俳優」に寛容な米国社会

2019年5月8日(水)11時40分
猿渡 由紀(L.A.在住映画ジャーナリスト) *東洋経済オンラインからの転載

    ロバート・ダウニー・Jrが2009年ハリウッドのチャイニーズ・シアターで手形をつけるセレモニーに母親とともに出席。この数年前までは薬物依存症に苦しめられていた。 Fred Prouser - REUTERS

    ピエール瀧のコカイン所持逮捕事件が、波紋を呼び続けている。CMの放映は中止され、大河ドラマも別の役者で再撮影されるとのこと。それらをめぐって損害賠償はどうなるのかという話題も聞く。

    言うまでもなく、悲しいかなハリウッドは、違法ドラッグがらみのトラブルに関して経験豊かなベテランだ。有名スターがこのような事件で逮捕された場合、アメリカではどれくらいの騒ぎになるのか?

    「キャリアが終わる」ことはない

    答えを先に言うなら、ほとんど騒がれない。過剰摂取(OD)で命を落とした、あるいは落としそうになったとなれば、もちろん大ニュースだ。だが、逮捕されただけならば、誰も大して驚かないというのが、実際のところなのである。

    薬物使用でキャリアが落ち目になったスターも、もちろんいる。しかし、それは逮捕のせいで映画やテレビから締め出されたというより、依存症の影響で職場に迷惑をかけた結果である。遅刻や無断欠勤をする、セリフを覚えてこない、などだ。

    そんな人を雇うと振り回されて大変だし、何しろ保険会社が嫌う。ハリウッドでは映画の製作プロジェクトごとに保険に入るのだが、キャストにこういう人物がいると、保険代が桁外れに高くなるのだ。

    「アベンジャーズ」「アイアンマン」シリーズでおなじみのロバート・ダウニー・Jr.は、過去に薬物がらみで服役し、出所してきた後、ウディ・アレンから出演をオファーされるも、出演にあたっての高額な保険代が理由で最終的に断られた。

    彼の場合は、親しい友人メル・ギブソンが、「保険代は自分の懐から出す」と、自らプロデューサーも兼任する映画『The Singing Detective(日本未公開)』に出させてくれたおかげで、復活の機会を与えられている。リンジー・ローハンも、保険が高くなりすぎて「事実上雇えない人」のハンコを押された1人だ。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:顔認証の最前線

    本誌 最新号

    特集:顔認証の最前線

    世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

    ※次号は9/18(水)発売となります。

    2019年9月17日号  9/10発売

    人気ランキング

    • 1

      【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

    • 2

      外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

    • 3

      韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本との関わりは?

    • 4

      アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

    • 5

      9.11救助犬の英雄たちを忘れない

    • 6

      【韓国政治データ】次期大統領としての好感度ランキ…

    • 7

      2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

    • 8

      香港デモはリーダー不在、雨傘革命の彼らも影響力は…

    • 9

      「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

    • 10

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 1

      タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

    • 2

      消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

    • 3

      「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

    • 4

      韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

    • 5

      【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

    • 6

      思い出として死者のタトゥーを残しませんか

    • 7

      9.11救助犬の英雄たちを忘れない

    • 8

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 9

      韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

    • 10

      英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

    • 1

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 2

      日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

    • 3

      嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

    • 4

      ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

    • 5

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 6

      寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

    • 7

      「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

    • 8

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 9

      韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

    • 10

      「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】モノクロのカリフォルニアに未来を映して