Newsweek

日本の皇室 世界の王室

才媛、モデル、サッカー選手... 世界を騒がせる注目の王室メンバーたち

2019年5月8日(水)17時25分
ニューズウィーク日本版編集部

    (左から)ブルネイのファイク・ボルキア(DARREN WALSH-CHELSEA FC/GETTY IMAGES)、英メーガン妃(SAMIR HUSSEIN-POOL-WIREIMAGE/GETTY IMAGES)、デンマークのニコライ王子(VICTOR VIRGILE-GAMMA-RAPHO/GETTY IMAGES)、エスワティニのムスワティ3世国王(IHSAAN HAFFEJEE-ANADOLU AGENCY/GETTY IMAGES)

    <ロイヤルベビー誕生が伝えらえた英メーガン妃など、話題に事欠かない各国の王族10人を紹介。現代社会に受け入れられるため「君主」たちはどう変容してきたか。その一端を垣間見るためにも、知っておきたい王族がいる>

    20190514cover-200.jpg
    ※5月14日号(5月8日発売)は「日本の皇室 世界の王室」特集。民主主義国の君主として伝統を守りつつ、時代の変化にも柔軟に対応する皇室と王室の新たな役割とは何か――。世界各国の王室を図解で解説し、カネ事情や在位期間のランキングも掲載。日本の皇室からイギリス、ブータン、オランダ、デンマーク王室の最新事情まで、21世紀の君主論を特集しました。

    ◇ ◇ ◇

    ワチラロンコン国王(66)

    Vajiralongkorn

    magSR190508monarchs-p1b.jpg

    JULIAN PARKER-UK PRESS/GETTY IMAGES

    タイ

    国民からの人気絶大だったプミポン前国王の死去に伴い2016年に即位したが、皇太子時代からワチラロンコンの評判はすこぶる悪かった。3度の離婚を経験し、王室行事に興味を示さず、外国に滞在してばかりの遊び人とみられ、派手なパーティーの様子やタトゥー姿などが報じられてすっかり変人扱い。今年3月に実施された民政移管のための総選挙後も情勢が不透明ななか、国王が軍からの独立と自らの権力強化を狙っているとの臆測も流れている。

    ビクトリア皇太子(41)

    Victoria

    magSR190508monarchs-p2b.jpg

    MICHAEL CAMPANELLA/GETTY IMAGES

    スウェーデン

    王位継承順位1位で、即位すれば1720年以来の女王となる(上写真左)。米エール大学に学び、陸軍で訓練も受けるなど、強靭な帝王学をたたき込まれた。一方で、摂食障害の過去を公にするなど弱さもさらけ出している。当時、体力作りのため通ったジムで出会ったのが、トレーナーだったダニエル(右)。当初は交際を猛反対されたが、教養を身に付ける訓練を7年続けて認められ、2010年に結婚。2人の子供に恵まれ、今では国民の人気も絶大の夫婦だ。

    メーガン妃(37)

    Meghan Markle

    magSR190508monarchs-p3b.jpg

    SAMIR HUSSEIN-POOL-WIREIMAGE/GETTY IMAGES

    イギリス

    ヘンリー王子と昨年5月に結婚。離婚歴のあるアメリカ人女優で活動家、ヘンリーより年上で母親は黒人、と異例ずくめで、新時代の王室を形作ると期待を集めた。メディアに終始追われ、身に着けた服などが飛ぶように売れる現象は「メーガン効果」と呼ばれる。第1子妊娠中からバッシングが激化し、親族のトラブルやキャサリン妃との不仲説、エリザベス女王との確執の噂などが次々報じられるように。善くも悪くも英王室で一番の注目を集める存在だ。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

    本誌 最新号

    特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

    政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

    2019年11月19日号  11/12発売

    人気ランキング

    • 1

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

    • 2

      香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

    • 3

      文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の漁船員2人を強制送還

    • 4

      アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

    • 5

      中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

    • 6

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 7

      韓国、アイドルオーディション番組「PRODUCE 101」ヤラ…

    • 8

      雨が降ると植物はパニック状態になっていた:研究結果

    • 9

      債券バブルが崩壊したら株式市場はどうなるか

    • 10

      女性の着替えやトイレを監視──入管が組織的セクハラ

    • 1

      日朝戦争なら韓国は北朝鮮の味方、日本はいつの間にか四面楚歌?

    • 2

      文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の漁船員2人を強制送還

    • 3

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

    • 4

      韓国通貨危機の裏側を赤裸々に暴く 『国家が破産する…

    • 5

      香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

    • 6

      母親に育児放棄されたチーターが、犬の「代理きょう…

    • 7

      200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

    • 8

      文在寅政権の「自滅」を引き寄せる大統領側近らの忖度

    • 9

      ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

    • 10

      中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

    • 1

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

    • 2

      マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

    • 3

      「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

    • 4

      意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

    • 5

      インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

    • 6

      「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

    • 7

      中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

    • 8

      ラグビー場に旭日旗はいらない

    • 9

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 10

      アメリカが韓国に「最後通牒」......日本との安保対…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】不世出のスター写真家リチャード・アヴェドンを見つめ続けた16年