Newsweek

東南アジア

ジャカルタがインドネシアの首都でなくなる⁉

2019年5月10日(金)15時00分
カルヤン・クマル

    巨大都市ジャカルタの過密はもう限界 BEAWIHARTAーREUTERS

    <人口の集中するジャカルタでは交通渋滞による経済損失が甚大だ>

    インドネシアの首都がジャカルタでなくなるかもしれない。4月17日の大統領選で再選が確実になったジョコ大統領は、過密などを理由に首都を移転することを決めた。そのために330億ドルの予算をつぎ込むと述べている。

    現地の報道によると、内閣は首都移転に関して大統領に3つの案を示していた。1つは、ジャカルタ市内に政府機関専用地区を設けるというもの。もう1つは、ジャカルタの近郊に首都機能を移すというもの。そしてもう1つは、ジャカルタのあるジャワ島の外に新しい首都を建設するというものだった。

    ジョコが選んだのは3つ目の案だった。現在最有力の移転先とされるのは、ボルネオ島中部カリマンタン州のパランカラヤ。ほかには同島のタナブンブとペナジャムが有力候補だ。

    ジョコ政権が首都移転を目指す大きな理由は、ジャカルタの極度の過密状態だ。ジャカルタの人口は1000万を突破し、首都圏全体では3000万の人口が集中している。バンバン国家開発企画庁長官によれば、ジャカルタの交通渋滞による経済損失は年間100兆ルピア(約7900億円)に達する。

    地盤沈下も懸念されている。海抜わずか7メートルのジャカルタでは、地下水の過剰なくみ上げにより地盤沈下が一層進んでいる。世界経済フォーラムによると、2050年までに北ジャカルタの95%の地区が水没し、180万人が影響が受けるという。

    「国の人口の57%がジャワ島に集中している。これだけの人口を支え続けることは、環境の面でも水や交通の面でも不可能だ。だから、首都をジャワ島の外に移すことを決めた」と、ジョコは英フィナンシャル・タイムズ紙の取材に答えている。

    バンバンによると、首都移転には5~10年はかかるという。その後は、アメリカやオーストラリア、カザフスタンのように、政治と経済の拠点を分離させる形を目指すことになりそうだ。

    <本誌2019年5月14日号掲載>

    20190514cover-200.jpg※5月14日号(5月8日発売)は「日本の皇室 世界の王室」特集。民主主義国の君主として伝統を守りつつ、時代の変化にも柔軟に対応する皇室と王室の新たな役割とは何か――。世界各国の王室を図解で解説し、カネ事情や在位期間のランキングも掲載。日本の皇室からイギリス、ブータン、オランダ、デンマーク王室の最新事情まで、21世紀の君主論を特集しました。


    【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
    アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの毎朝お届けします。
    ご登録(無料)はこちらから=>>

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:香港の出口

    本誌 最新号

    特集:香港の出口

    拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

    2019年8月27日号  8/20発売

    人気ランキング

    • 1

      日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済にもマイナス 日韓関係の回復を強く望む

    • 2

      韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

    • 3

      乳がん細胞を脂肪細胞に変えることに成功:バーゼル大学の研究

    • 4

      日本の重要性を見失った韓国

    • 5

      寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

    • 6

      韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

    • 7

      「香港鎮圧」を警告する中国を困惑させる男

    • 8

      日本人が知らない監視社会のプラス面──『幸福な監視…

    • 9

      韓国航空業界に再編の荒波 アシアナは投資ファンド…

    • 10

      トランプはなぜ極寒のグリーンランドが欲しいのか

    • 1

      寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

    • 2

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 3

      日本の重要性を見失った韓国

    • 4

      世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

    • 5

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 6

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

    • 7

      犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

    • 8

      世界が知る「香港」は終わった

    • 9

      未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

    • 10

      韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

    • 1

      寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

    • 2

      日本の重要性を見失った韓国

    • 3

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 4

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 5

      韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

    • 6

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

    • 7

      「韓国の反論は誤解だらけ」

    • 8

      デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

    • 9

      「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

    • 10

      アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】北米コロラド川の水と命が枯れる