Newsweek

東南アジア

ジャカルタがインドネシアの首都でなくなる⁉

2019年5月10日(金)15時00分
カルヤン・クマル

    巨大都市ジャカルタの過密はもう限界 BEAWIHARTAーREUTERS

    <人口の集中するジャカルタでは交通渋滞による経済損失が甚大だ>

    インドネシアの首都がジャカルタでなくなるかもしれない。4月17日の大統領選で再選が確実になったジョコ大統領は、過密などを理由に首都を移転することを決めた。そのために330億ドルの予算をつぎ込むと述べている。

    現地の報道によると、内閣は首都移転に関して大統領に3つの案を示していた。1つは、ジャカルタ市内に政府機関専用地区を設けるというもの。もう1つは、ジャカルタの近郊に首都機能を移すというもの。そしてもう1つは、ジャカルタのあるジャワ島の外に新しい首都を建設するというものだった。

    ジョコが選んだのは3つ目の案だった。現在最有力の移転先とされるのは、ボルネオ島中部カリマンタン州のパランカラヤ。ほかには同島のタナブンブとペナジャムが有力候補だ。

    ジョコ政権が首都移転を目指す大きな理由は、ジャカルタの極度の過密状態だ。ジャカルタの人口は1000万を突破し、首都圏全体では3000万の人口が集中している。バンバン国家開発企画庁長官によれば、ジャカルタの交通渋滞による経済損失は年間100兆ルピア(約7900億円)に達する。

    地盤沈下も懸念されている。海抜わずか7メートルのジャカルタでは、地下水の過剰なくみ上げにより地盤沈下が一層進んでいる。世界経済フォーラムによると、2050年までに北ジャカルタの95%の地区が水没し、180万人が影響が受けるという。

    「国の人口の57%がジャワ島に集中している。これだけの人口を支え続けることは、環境の面でも水や交通の面でも不可能だ。だから、首都をジャワ島の外に移すことを決めた」と、ジョコは英フィナンシャル・タイムズ紙の取材に答えている。

    バンバンによると、首都移転には5~10年はかかるという。その後は、アメリカやオーストラリア、カザフスタンのように、政治と経済の拠点を分離させる形を目指すことになりそうだ。

    <本誌2019年5月14日号掲載>

    20190514cover-200.jpg※5月14日号(5月8日発売)は「日本の皇室 世界の王室」特集。民主主義国の君主として伝統を守りつつ、時代の変化にも柔軟に対応する皇室と王室の新たな役割とは何か――。世界各国の王室を図解で解説し、カネ事情や在位期間のランキングも掲載。日本の皇室からイギリス、ブータン、オランダ、デンマーク王室の最新事情まで、21世紀の君主論を特集しました。


    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:香港の挽歌

    本誌 最新号

    特集:香港の挽歌

    国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

    2020年7月14日号  7/ 7発売

    人気ランキング

      • 1

        「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

      • 2

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

      • 3

        科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

      • 4

        中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

      • 5

        孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

      • 6

        国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

      • 7

        東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

      • 8

        新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

      • 9

        ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

      • 10

        火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデ…

      • 1

        国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

      • 2

        「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

      • 3

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

      • 4

        科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

      • 5

        世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

      • 6

        中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

      • 7

        孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

      • 8

        東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

      • 9

        ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

      • 10

        自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【フォトエッセー】抗議と嘆きと連帯の聖地になったジョージ・フロイド殺害現場