Newsweek

認知症

4勝146敗、新薬開発が険しいアルツハイマー病 国際治験の抱える課題とは

2019年5月13日(月)14時33分

    5月13日、アルツハイマー病の新薬開発に閉塞感が漂っている。エーザイは最終治験を始めた薬で巻き返しを図る考えだが、「雪辱戦」の行方はなお読めない。写真はエーザイのロゴ。昨年3月に東京で撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

    アルツハイマー病の新薬開発に閉塞感が漂っている。製薬大手が相次いで失敗する中、有望視されていたエーザイと米バイオジェンの新薬候補も3月に頓挫。エーザイは直後に最終治験を始めた別の薬で巻き返しを図る考えだが、「雪辱戦」の行方はなお読めない。患者やその家族からは、新薬への期待を封印して病気と共存する道を探る向きも出ている。

    4勝146敗

    「成功確度は高いと考えている」。エーザイの内藤晴夫社長は13日の決算記者会見でこう述べ、同社が手掛ける新薬への期待を示した。

    だが、その姿勢とは対照的に、アルツハイマー病領域では企業側の敗北が続く。これまで、米ファイザーやメルク、スイスのロシュなど世界の製薬メーカーが新薬開発に挑んだが、いずれも失敗に終わった。

    米国研究製薬工業協会によると、1998年から2017年までに承認された新薬はわずか4つで、失敗した治験の数は146に上る。国によって承認の時期に差はあるが、米国では15年以上、新薬が生まれていない。

    認知症には複数の種類があり、アルツハイマー型が最も多い。日本の認知症患者数は、2025年に700万人前後に達するとみられている。世界全体では、2050年に現在の約3倍に当たる1億5200万人まで増えるとの試算があり、新薬のニーズは大きい。

    こうした中、エーザイとバイオジェンが共同開発する3つの薬に対する期待は高まっていたが、2カ月前に風向きが変わる。専門家からの勧告に基づき、中でも有望視されていた「アデュカヌマブ」の治験が突如中止に追い込まれたからだ。

    この薬は初期の治験で、アルツハイマー病と関連があるとされるタンパク質「アミロイドベータ」を脳内から減少させる結果を出した。2016年に英科学誌ネイチャーの表紙を飾り、一気に脚光を浴びた経緯がある。

    アルツハイマー病に詳しい京都府立医科大学の徳田隆彦教授は「ネイチャーでは脳のアミロイドの減少を示す写真も出ており、アデュカヌマブは成功するのではとの期待があった。今回の失敗は業界にとって大きなショックだ」と振り返る。

    混乱を増幅させた別の要因もある。治験中止発表のわずか11時間前、あるエーザイ幹部は、都内で開かれた会合で「ようやく一筋の光が見えてきた」と述べ、新薬誕生への自信を示していた。

    急転直下の中止に、ある会合出席者は「自らハードルを上げてしまった点は否めない」と指摘した。

    クラリティ

    「アデュカヌマブ」失敗の翌日、エーザイは同じくバイオジェンと共同開発する別の薬剤「BAN2401」で、後期臨床試験(第3相試験)を始めると発表した。冒頭で内藤社長が成功確度に触れたのがこの薬だ。

    同試験は、複数の国や地域から1566人の患者を集める国際共同治験で、18カ月間にわたってプラシーボ(偽薬)と実際の薬との差を調べる。エーザイによると、記憶や判断力など6項目の総合評価で、プラシーボよりも悪化の度合いを25%程度抑制することがクリアの目安となる。

    ただ、専門家の間では、国際共同治験で成果を出すことの難しさを指摘する声もある。

    香川大学医学部の中村祐教授は「国によって生活習慣や文化が異なることから、ひとつの薬がどれだけ効くかを測定するのは難しい。特に認知症は言葉に関係する病気で、薬の効果を判断する土台が不安定になる」と話す。

    ひとつの国だけで治験を行えば結果が出たかもしれない薬でも、「複数の国から症例を集めればバラつきが生じ、その中に薬の効果が埋もれてしまう可能性がある」という。

    エーザイは最終治験に「クラリティ」との名前を付けた。患者の脳内のアミロイド蓄積を取り除くことと、認知機能をクリアな状態にすることへの願いを込めた。最終的な試験結果は22年に判明する見込みだ。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本人が知るべきMMT

    本誌 最新号

    特集:日本人が知るべきMMT

    アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

    2019年7月23日号  7/17発売

    人気ランキング

    • 1

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 2

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 3

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 4

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 5

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 6

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 7

      苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

    • 8

      韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

    • 9

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 10

      歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立…

    • 1

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 2

      輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

    • 3

      同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

    • 4

      日本の重要性を見失った韓国

    • 5

      国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

    • 6

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 7

      トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

    • 8

      4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

    • 9

      韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

    • 10

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 2

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 3

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

    • 4

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 5

      日本の重要性を見失った韓国

    • 6

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 7

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 8

      テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

    • 9

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 10

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】停電が続くガザの果てしない暗闇