Newsweek

健康

盲腸とったらパーキンソン病のリスクが高くなる? 昨年とは真逆の研究結果 

2019年5月15日(水)18時00分
松岡由希子

    虫垂のCG画像 tussik13-iStock

    <アメリカの6220万人以上の電子カルテを分析したところ、虫垂(盲腸)切除術を受けた人はパーキンソン病の発症リスクが高くなる、という。昨年にはまったく逆の研究結果が出されて話題になったところだが......>

    虫垂(盲腸)切除術を受けた人はパーキンソン病の発症リスクが高くなる──。このような研究結果が、2019年5月20日に米サンディエゴで開催される国際会議「米国消化器病週間(DDW)」で発表される見通しとなった。しかし一方で、まったく正反対の研究結果が昨年発表されて話題になっていて、虫垂とパーキンソン病との関連について、ますます注目が集まりそうだ。

    アメリカの患者6220万人以上の電子カルテを分析した

    パーキンソン病の発症原因はいまだ完全に明らかになっていないが、αシヌクレインというたんぱく質の凝集がパーキンソン病の発症に関わっているとみられている。αシヌクレインはパーキンソン病の発症初期に消化管で見つかることから、パーキンソン病の発症リスクと虫垂を含む消化管との関連について解明がすすめられてきた。

    米ケース・ウェスタン・リザーブ大学のモハメド・シェリフ医師らの研究チームは、米国の26の医療システムから患者6220万人以上の電子カルテを分析し、虫垂切除術後6ヶ月以降にパーキンソン病と診断された患者を特定した。

    虫垂切除術を受けた患者48万8190人のうちパーキンソン病を発症したのは0.92%にあたる4470人であった一方、虫垂切除術を受けていない約6171万人のうちパーキンソン病を発症したのは0.29%にあたる17万7230人であった。これによれば、虫垂切除術を受けた人がパーキンソン病を発症する割合は、そうでない人よりも約3倍高いことになる。

    2018年10月には、真逆の研究結果が

    虫垂とパーキンソン病との相関については、この研究結果も示されている。米ヴァンアンデル研究所の研究チームが2018年10月に発表した研究論文によると、患者160万人以上の電子カルテを分析した結果、パーキンソン病発症前に虫垂切除術を受けた人はパーキンソン病の発症リスクが低く、発症年齢も高かった。

    2016年時点でのパーキンソン病の患者数は世界全体で610万人にのぼり、1990年時点の250万人に比べて増加している。

    シェリフ医師は、虫垂とパーキンソン病との関連について研究したものとしては最大規模となる今回の研究結果について「虫垂もしくは虫垂切除術とパーキンソン病との間に明らかな関係は示されたが、これは相関にすぎない」とし、「さらなる研究によって両者の因果関係を明らかにするとともに、そのメカニズムについて解明する必要がある」と述べている。

    虫垂とパーキンソン病の関係については、今後も研究成果を注視していく必要がありそうだ。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:人生を変えた55冊

    本誌 最新号

    特集:人生を変えた55冊

    コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

    2020年8月11日号  8/ 4発売

    人気ランキング

    • 1

      ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

    • 2

      陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」のリアル

    • 3

      『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

    • 4

      原爆投下75年、あの日アメリカが世界に核兵器をもた…

    • 5

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

    • 6

      脱北者、北に逃げる。物語で描かれないその素顔

    • 7

      日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

    • 8

      【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

    • 9

      地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

    • 10

      「消費減税に安倍首相も関心、税率ゼロ%の方が対応容…

    • 1

      コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

    • 2

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

    • 3

      ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

    • 4

      K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

    • 5

      陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

    • 6

      奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

    • 7

      再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

    • 8

      『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

    • 9

      【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

    • 10

      【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

    • 1

      コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

    • 2

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

    • 3

      中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

    • 4

      「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

    • 5

      中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

    • 6

      韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

    • 7

      ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

    • 8

      宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

    • 9

      アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

    • 10

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】幸せを探してスクールバスのわが家は走る