Newsweek

米外交

あの男が狙う「イラン戦争」──イラク戦争の黒幕ボルトンが再び動く

2019年5月16日(木)15時40分
マイケル・ハーシュ、ララ・セリグマン

    一方、03年前後のイラクをめぐる状況との違いは、イランに関しては具体的な侵攻計画が存在しないと見受けられる点だ。それでもシールマンらに言わせれば、武力行使を正当化する口実を手にするため、アメリカはかつてフセイン政権に行ったのと同じ挑発を試みている。

    「ボルトンはイランとの戦争を望み、機会を探っている」と、国防総省の元高官で、新米国安全保障センター上級研究員のローレン・デジョング・シュルマンは言う。「ボルトンは自らの優先事項や関心に(国防総省が)迅速に反応する体制を作り上げ、対イラン政策を率いているのは自分だとの印象を世間に与えたがっている」

    ボルトンはこれまでも、イランの体制転換をあからさまに唱えてきた。最近では、イラン革命が40 周年を迎えた今年2月、ホワイトハウスが公開した動画でイランの最高指導者アリ・ハメネイに向けて「革命記念日を祝うチャンスはあまり残っていないだろう」と言ってのけた。

    米メディアの報道では、国家安全保障を担う重要機関で、ボルトンがメンバーであるNSCは18年秋、イラン空爆のための軍事オプションの提示を国防総省に求めたという。イラクの首都バグダッドにある米大使館に、イランとつながる民兵組織が迫撃砲を撃ち込もうとした事件を受けてのことだ。

    大統領補佐官就任当初から、ボルトンは「イラン戦争」を大目標に掲げ、反対者の排除を進めてきた気配がある。トランプがボルトンを国家安全保障担当の補佐官に任命したのは、イラン核合意離脱の数週間前。ボルトンの前任者H.R.マクマスターは、レックス・ティラーソン前国務長官と共に、核合意維持に前向きだったとされる。

    よみがえる情報操作の影

    今年3月に中東地域を統括する米中央軍司令官に就任したケネス・マッケンジー将軍は、イランに関してボルトンと同意見らしい。先日ワシントンで開かれた会議での演説で、イランが展開する「悪意ある」活動とその野望に警鐘を鳴らした。

    「中央軍の担当地域の安定にとって、長期的かつ最も大きな脅威はイランだ」。マッケンジーはそう語り、イランのせいでイラク駐留の米軍兵士600人以上が死亡したと主張した。「戦争は望んでいない。ただし、私たちが慎重なのは実行に踏み切りたくないからだと、イランは誤解してはならない」

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:躍進のラグビー

    本誌 最新号

    特集:躍進のラグビー

    日本代表の大躍進に沸くラグビーW杯── グローバル化で変わるこのスポーツの未来の姿

    2019年10月29日号  10/23発売

    人気ランキング

    • 1

      ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語るメーガン妃、率直な告白に大きな反響

    • 2

      水深3200メートル、クジラの死骸に群がる深海魚、撮影される

    • 3

      水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

    • 4

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 5

      「白馬にまたがる金正恩」写真に潜む目的と予告

    • 6

      メーガン妃の「赤ちゃんの肌の色は?」でCNNが炎上

    • 7

      メーガン妃への愛は冷めた? 英国メディア、結婚か…

    • 8

      中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

    • 9

      未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

    • 10

      ウィリアム王子とキャサリン妃がパキスタン訪問、「…

    • 1

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

    • 2

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 3

      中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵......で起きていたこと

    • 4

      ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

    • 5

      交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

    • 6

      韓国訪問中に消えた9人のベトナム外交団員 公安当局…

    • 7

      未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

    • 8

      韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

    • 9

      性的人身売買から救われた少女が自殺 犯人の男と家…

    • 10

      ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

    • 1

      韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

    • 2

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 3

      写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

    • 4

      「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

    • 5

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

    • 6

      「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

    • 7

      米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

    • 8

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 9

      全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

    • 10

      繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】豪華クルーズ船はますます好調