Newsweek

ユダヤ人差別

アンネ・フランクの「ビキニ写真」でハーバード大学の風刺雑誌が謝罪

2019年5月16日(木)13時15分
ジェニー・フィンク

    アンネ・フランクは、15歳のときナチスのベルゲン・ベルゼン強制収容所で命を落とした PUBLIC DOMAIN

    <ビキニ姿の合成写真はホロコーストの犠牲者に対する侮辱で、反ユダヤ主義を勢いづけるものだと批判が殺到。歴史の知識もありユダヤ人差別に反対する筆者らになぜこんなことができたのか>

    ハーバード大学の風刺雑誌「ハーバード・ランプーン」は、ホロコーストの犠牲者アンネ・フランクのビキニ姿の合成画像を掲載した判断について学生から批判の声が上がったことを受けて謝罪した。

    問題の画像は、アンネ・フランクの顔と、ビキニ姿の胸の大きな女性の体をつなぎ合わせたもの。「アンネがホロコーストで命を落としていなかったら、こんな姿になっていただろう」と題したうえで、「ホロコーストが最悪な理由にこの写真を加えよ」というキャプションをつけている。

    5月11日に同誌が発行されると、学生たちはソーシャルメディア上で強い不快感を表明。ハーバード・ランプーン側に説明を求める嘆願書が拡散された。ユダヤ系団体「名誉棄損防止連盟(ADL)」のニューイングランド支部も、この画像についてツイッターへの投稿で言及した。

    ADLニューイングランド支部はこの投稿の中で、アンネ・フランクを性的な対象にした下品で不快なこの画像は「何も面白くない」と指摘。問題の画像は「彼女の記憶や何百万というホロコーストの犠牲者を侮辱する」ものだと批判し、集団虐殺を矮小化することは、反ユダヤ主義やホロコースト否定派を利することになると付け加えた。

    ホロコーストの知識もある人がなぜ

    ADLボストン支部のロバート・トレスタン事務局長はツイッターに、問題の画像は「恥ずべきものだし有害だ」と投稿。ユーモアと反ユダヤ主義の境界を踏み越えたとして、謝罪が必要だと主張した。

    【参考記事】『アンネの日記』から明かされた「下ネタ」でアンネが伝えたかったこと

    ハーバード大学の学生ジェイコブ・シュワルツもフェイスブックへの投稿で、同画像は「許容範囲を超えている」と主張。画像はホロコーストの問題を矮小化し、未成年の少女を性的な対象にし、彼女が殺された事実を軽視するものだと批判した。自らをユダヤ系だとするシュワルツは、この画像が「許容可能」とされるなら、もはや気持ちよくキャンパスライフを送れないと書いた。

    「好意的に受け止めようとしたし、無知ゆえのことだと考えたい部分もあるが、どうしても理解できない」とシュワルツは書いた。「この画像をつくった人々は明らかにホロコーストについて十分な知識があり、ユダヤ人が耐えた悲劇について基本的な理解があった。それでも彼らは、これが許されるだけでなく面白いと判断したのだ」

    500人の署名を集めることを目標にした嘆願書には、2日間で300を超える署名が集まった。同嘆願書は公の謝罪を求めると共に、問題のコンテンツが発行されるに至った経緯や、再発防止策の説明を要求している。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:顔認証の最前線

    本誌 最新号

    特集:顔認証の最前線

    世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

    ※次号は9/18(水)発売となります。

    2019年9月17日号  9/10発売

    人気ランキング

    • 1

      【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

    • 2

      韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本との関わりは?

    • 3

      外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

    • 4

      アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

    • 5

      9.11救助犬の英雄たちを忘れない

    • 6

      【韓国政治データ】次期大統領としての好感度ランキ…

    • 7

      2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

    • 8

      香港デモはリーダー不在、雨傘革命の彼らも影響力は…

    • 9

      「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

    • 10

      ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

    • 1

      タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

    • 2

      消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

    • 3

      「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

    • 4

      韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

    • 5

      【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

    • 6

      思い出として死者のタトゥーを残しませんか

    • 7

      9.11救助犬の英雄たちを忘れない

    • 8

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 9

      韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

    • 10

      英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

    • 1

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 2

      日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

    • 3

      嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

    • 4

      ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

    • 5

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 6

      寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

    • 7

      「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

    • 8

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 9

      韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

    • 10

      「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】モノクロのカリフォルニアに未来を映して