Newsweek

ユダヤ人差別

アンネ・フランクの「ビキニ写真」でハーバード大学の風刺雑誌が謝罪

2019年5月16日(木)13時15分
ジェニー・フィンク

    ハーバード・ランプーン誌の共同代表であるニコラス・グランドリンとジャック・ストービッツ、および担当編集者のリアナ・スピロは、同誌のウェブサイトに共同声明文を発表。自分たちの行動に責任を取らなければならないことは理解していると認め、反ユダヤ主義を非難した。

    「個人としても組織としても、問題の画像が作成され、掲載されるのを許した不注意について謝罪したい」と声明文は述べた。「私たちが引き起こした害について申し訳なく思っている」

    3人はまた、同誌の発行プロセスには「十分な編集上の監視」が欠けていたとし、今後はコンテンツの作成に「これまで以上に慎重に」取り組むとも述べた。

    オランダのアンネ・フランク・センターは、ハーバード・ランプーン誌がこうした編集基準を導入したことについて「希望の兆し」だとしたものの、対処が1週間遅かったとも指摘。問題の画像は「不快で悪趣味」で「ユーモアでも何でもない」と評した。

    ドイツで生まれたアンネ・フランクは、10代だった第2次世界大戦の最中、家族と共にアムステルダムにある家の別館を隠れ家とし、そこで2年間を過ごした。その後、何者かの裏切りで、家族と隠れ家にいたところをナチスに見つかり身柄を拘束された。そして15歳という若さで、ベルゲン・ベルゼン強制収容所で人生の幕を閉じた。

    だがその死後も、彼女のレガシーは日記という形で受け継がれている。ナチスに見つかるまでの生活をつづった彼女の日記は、その死後に発見され、1947年に出版された。

    (翻訳:森美歩)

    20190521cover-200.jpg
    ※5月21日号(5月14日発売)は「米中衝突の核心企業:ファーウェイの正体」特集。軍出身者が作り上げた世界最強の5G通信企業ファーウェイ・テクノロジーズ(華為技術)。アメリカが支配する情報網は中国に乗っ取られるのか。各国が5Gで「中国製造」を拒否できない本当の理由とは――。米中貿易戦争の分析と合わせてお読みください。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本人が知るべきMMT

    本誌 最新号

    特集:日本人が知るべきMMT

    アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

    2019年7月23日号  7/17発売

    人気ランキング

    • 1

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 2

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 3

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 4

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 5

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 6

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 7

      中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

    • 8

      苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

    • 9

      韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

    • 10

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 1

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 2

      輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

    • 3

      同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

    • 4

      日本の重要性を見失った韓国

    • 5

      国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

    • 6

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 7

      トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

    • 8

      4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

    • 9

      韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

    • 10

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 2

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 3

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

    • 4

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 5

      日本の重要性を見失った韓国

    • 6

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 7

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 8

      テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

    • 9

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 10

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】停電が続くガザの果てしない暗闇