Newsweek

フィリピン

比ドゥテルテ、産廃ゴミ回収の約束守らぬカナダに激怒? 大使と領事に帰国命令

2019年5月16日(木)20時30分
大塚智彦(PanAsiaNews)

    効果的だったドゥテルテ流の強硬策

    フィリピン外務省では15日の期限が過ぎたものの新たな期限を設定することはせずに、カナダ側が合意に基づいてコンテナを早急に回収するよう改めて求めている。

    ただ、一部報道ではカナダ駐在のフィリピン大使は5月13日に行われたフィリピン中間選挙に関連して、カナダ国内で在外投票された票をフィリピン選挙管理委員会に提出するため、この時期に本国へ一時帰国する予定がもともとあったとも伝えられている。

    このため領事召還は別にして「大使召還」はドゥテルテ大統領お得意の外交的ポーズの可能性もあるとの指摘も出ている。

    大統領府のサルバドール・パネロ報道官は15日にはフィリピン大使や領事の召還には触れずに「外務省の説明によると、手続き上の問題で(カナダ側の)回収が少し遅れている。しかし準備は整っており、大事なことは回収が確実に行われるかどうかということだ」との立場を示していた。パネロ報道官は回収の遅れが「2から3週間になる」としていた。

    その後外務省による大使、領事召還という事態を受けてパネロ報道官は16日には「フィリピン政府のこのゴミ問題に対する毅然として姿勢を示すものだ」としてカナダ政府に深刻に受け止めるよう求め「さらなる遅延はさらなる外交団の召還という事態を招くことになるだろう」と述べてカナダ政府に警告、早期回収を促した。

    今回のカナダからのゴミ輸出問題は、ドゥテルテ大統領の"宣戦布告"発言をきっかけにマスコミや国民、国際社会の関心が一気に高まり、それを背景にカナダ政府に圧力をかけたことが功を奏して早期解決の道筋が見えてきたと言える。

    ここへきて回収期限が守られなかったことで大使、領事召還という「新たなカード」を突きつけてさらに早期の回収に圧力をかけているフィリピン政府。

    カナダ政府がドゥテルテ大統領の「攻勢一辺倒」の手法に屈したような展開に、国民の間ではさらにドゥテルテ人気が高まる結果となっている。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本人が知るべきMMT

    本誌 最新号

    特集:日本人が知るべきMMT

    アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

    2019年7月23日号  7/17発売

    人気ランキング

    • 1

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 2

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 3

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 4

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 5

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 6

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 7

      中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

    • 8

      苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

    • 9

      韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

    • 10

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 1

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 2

      輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

    • 3

      同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

    • 4

      日本の重要性を見失った韓国

    • 5

      国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

    • 6

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 7

      トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

    • 8

      4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

    • 9

      韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

    • 10

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 2

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 3

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

    • 4

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 5

      日本の重要性を見失った韓国

    • 6

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 7

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 8

      テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

    • 9

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 10

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】停電が続くガザの果てしない暗闇