Newsweek

アメリカ社会

アメリカだけ反対! フェイスブック、EUなどが過激コンテンツ規制に署名

2019年5月20日(月)19時15分
ダニエル・モーリッツラブソン

    ニュージーランド銃乱射事件では凶行が生配信された PAUL KANE/GETTY IMAGES

    <ニュージーランド銃乱射事件を受けた合意文書「クライストチャーチ・コール」に対し、ホワイトハウスの主張は...>

    3月にニュージーランド南部のクライストチャーチで51人が犠牲になった銃乱射事件では、犯行の様子がフェイスブックでライブ配信され、世界に拡散したことも大きな衝撃だった。

    インターネット上の暴力的で過激なコンテンツを撲滅し、テロリストや過激派によるネットの悪用を防ぐ対策を講じるべきだとの声が強まるなか、ニュージーランドとフランスが主導する国際会議が5月15日にパリで開催。フェイスブックやグーグル、マイクロソフト、ツイッターなどIT大手8社に加えてEUを含む17の国・地域が、ネット上のコンテンツ規制を強化する拘束力のない合意文書「クライストチャーチ・コール」に署名した。

    一方、この動きに同調しない国もある。アメリカだ。ホワイトハウスはクライストチャーチ・コールの趣旨に賛同するとしながらも、「表現の自由と報道の自由も合わせて尊重し続ける」と表明。「テロリストの言説に打ち勝つための最良のツールは実り多い言論である」と主張している。

    <2019年5月28日号掲載>

    20190528cover-200.jpg
    ※5月28日号(5月21日発売)は「ニュースを読み解く哲学超入門」特集。フーコー×監視社会、アーレント×SNS、ヘーゲル×米中対立、J.S.ミル×移民――。AIもビッグデータも解答不能な難問を、あの哲学者ならこう考える。内田樹、萱野稔人、仲正昌樹、清水真木といった気鋭の専門家が執筆。『武器になる哲学』著者、山口周によるブックガイド「ビジネスに効く新『知の古典』」も収録した。


    【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
    アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの毎朝お届けします。
    ご登録(無料)はこちらから=>>

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

    本誌 最新号

    特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

    終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

    2019年9月24日号  9/18発売

    人気ランキング

    • 1

      コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

    • 2

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 3

      水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

    • 4

      サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

    • 5

      【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

    • 6

      米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

    • 7

      北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

    • 8

      【韓国政治データ】文在寅大統領の支持率推移(2019…

    • 9

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

    • 10

      【韓国経済データ】対日輸出動向(2019年1~8月)

    • 1

      コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

    • 2

      サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

    • 3

      韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

    • 4

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

    • 5

      【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

    • 6

      嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

    • 7

      水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

    • 8

      韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

    • 9

      サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

    • 10

      9.11救助犬の英雄たちを忘れない

    • 1

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 2

      嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

    • 3

      日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

    • 4

      ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

    • 5

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 6

      コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

    • 7

      サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

    • 8

      「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

    • 9

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 10

      韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】モノクロのカリフォルニアに未来を映して