Newsweek

日本社会

大学生1日あたりの生活費677円の残酷物語

2019年6月13日(木)15時40分
舞田敏彦(教育社会学者)

    学業とバイトの主従関係が逆転している学生もいる kokouu/iStock.

    <仕送りが減って家賃が上がった今、東京の私大生の1日あたりの生活費は20年前の3分の1以下に>

    東京私大教連の2018年の調査によると、私大新入生(下宿)の1日の生活費は677円、過去最低になったそうだ。資料は『私立大学新入生の家計負担調査』というもので、2018年5~7月に、首都圏の私大新入生の保護者に答えてもらったとある。

    6月以降の仕送り平均額から平均家賃を引いて、それを30日で割って「1日の生活費」を算出している。2018年調査によると、仕送り額は8万3100円で家賃は6万2800円。前者から後者を引くと2万300円、これを30日で割って1日あたり677円となる。

    資料には時系列データも載っているので、筆者が大学に入った1995年と比較すると<表1>のようになる。

    data190613-chart01.jpg

    90年代半ばの頃は、平均仕送り額が12万円を超えていた。それでいて家賃は今より安く、1日あたりの生活費は2000円を超えていた。今では仕送りが減り家賃が上がっているので、677円という悲惨な数値になっている。

    家庭の年収よりも仕送りの減少率が大きいのは、学費が上がっているのでそのしわ寄せを受けているからだろう。仕送りと家賃の差額を全部自由に使えるわけではない。光熱費等も差し引かれる。しかし収入も奨学金やバイト代が加味されるので、上記の677円という数値は、現実的にはもう少し高いのではないかと見られる。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

    本誌 最新号

    特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

    ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

    2020年1月21日号  1/15発売

    人気ランキング

    • 1

      韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

    • 2

      訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

    • 3

      野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャット」現る

    • 4

      オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

    • 5

      日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

    • 6

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 7

      遺体を堆肥化する「エコロジカル埋葬」 土葬も火葬…

    • 8

      日本の少子化の根本要因は「少母化」──既婚女性の子…

    • 9

      台湾世論調査「中国が武力併合しようとしたら戦うか…

    • 10

      ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

    • 1

      複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセレクト、その都市は......

    • 2

      最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報じるメディアの無知

    • 3

      韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

    • 4

      イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

    • 5

      年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

    • 6

      日本は台湾からの難民を受け入れる準備ができているか

    • 7

      野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

    • 8

      日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

    • 9

      ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

    • 10

      日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

    • 1

      日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

    • 2

      韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

    • 3

      韓国の自動車が危ない?

    • 4

      トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

    • 5

      複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

    • 6

      イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

    • 7

      3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

    • 8

      中国で捕らわれた外国人を待つ地獄の日々

    • 9

      ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

    • 10

      北朝鮮の「ロケットマン」復活で近づく米朝戦争の足音

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】独裁へと突き進む新トルコ帝国の日常