Newsweek

フィリピン

フィリピン大統領「私も同性愛者だったが『治した』」

2019年6月3日(月)17時00分
シェーン・クロウチャー

    日本の安倍首相官邸で会見するフィリピンのドゥテルテ大統領(5月31日) Kazuhiro Nogi /Reuters

    <「フィリピンのトランプ」ドゥテルテが東京で問題発言>

    フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領が先週、来日した際に、自分はかつて同性愛者だったが「治した」と発言して物議を醸している。

    フィリピンのオンラインメディア「ラップラー」によれば、ドゥテルテは政敵であるアントニオ・トリリャネス上院議員について、体の動きが見るからに同性愛者だと揶揄。また、元妻のエリザベス・ジマーマンに出会う以前は自分も同性愛者だったと「告白した」という。

    「つまりトリリャネスと私は似た者同士だが、私は自分で(同性愛を)治した」と、ドゥテルテは5月30日、あるスピーチで述べたという。「(元妻の)ジマーマンとの関係を始めて、そうだこうでなければと思った。私は再び男になったんだ」

    ドゥテルテはこれまで、性的少数者の権利についてはころころと意見を変えてきた。2016年に大統領に当選する以前は同性婚の導入を唱えていたのに、その後は同性カップルの結婚の代わりに異性婚と同等の法的権利を認める「シビル・ユニオン」制度支持へと鞍替えしている。

    「同性婚はいい。幸せになる権利は誰にでもある」。これは15年、ドゥテルテがテレビの人気トークショーで行った発言だ。

    「同性愛」への意見は二転三転

    ところが2年後、大統領になった彼はあるスピーチで、性に対する捉え方が多様化しているアメリカの潮流を批判した。「男にも女にもなれるからジェンダーはないというのはあちらの文化だ。私たちには当てはまらない」と述べたとBBCは伝えている。

    「われわれはカトリックで、(男である)自分が結婚できるのは女性のみ、女性は男と結婚すると定めた民法がある。これぞフィリピンの法律で、なぜ(多種多様な)ジェンダーを受け入れなければならないのか」

    ちなみに今回の同性愛に関する発言は、同性愛のカトリック司教と児童虐待の問題をめぐる1月の発言に続くものだ。ドゥテルテは自らの過激な麻薬撲滅政策を強く批判しているカトリック教会と衝突してきた。

    「司教どもはろくでなしだ。実のところ、連中の大半はゲイだ」とドゥテルテは1月、新設される高校の起工式で述べた。「連中はカミングアウトして独身の誓いを捨て、男の恋人を持っても構わないことにするべきだ」

    ドゥテルテは過激な麻薬撲滅政策において、警察や武装民兵による超法規的な殺人を後押ししてきた。また、麻薬密売の撲滅につながることを期待して扇動的な言葉をあえて使い、暴力に油を注いでいる。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

    本誌 最新号

    特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

    意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

    2020年6月 2日号  5/26発売

    人気ランキング

    • 1

      「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

    • 2

      東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で2桁に

    • 3

      北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

    • 4

      新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

    • 5

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 6

      「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

    • 7

      経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

    • 8

      新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

    • 9

      「検査と隔離」もウイルス第2波は止められない 米専…

    • 10

      コロナ禍で予想外なほどルール遵守のイギリス人に驚き

    • 1

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

    • 2

      東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

    • 3

      「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

    • 4

      カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

    • 5

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 6

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 7

      新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

    • 8

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 9

      新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

    • 10

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 1

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 2

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

    • 3

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 4

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

    • 7

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    • 8

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 9

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 10

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】金融エリートたちの意外と普通な苦悩