Newsweek

天安門事件

英金融情報サービス、中国の圧力で天安門事件に関連した記事削除

2019年6月4日(火)14時43分

     6月4日、金融情報サービスのリフィニティブは、中国政府の圧力を受けて天安門事件30周年に関するロイターの記事を端末の「アイコン」から削除した。北京で19日撮影(2019年 ロイター/Thomas Peter)

    金融情報サービスのリフィニティブは、中国政府の圧力を受けて天安門事件30周年に関するロイターの記事を端末の「アイコン」から削除した。

    リフィニティブは昨年、トムソン・ロイターが金融・リスク部門の株式55%をブラックストーン・グループに売却して設立され、ロイターが30年間ニュースを配信する契約を結んでいる。

    事情に詳しい3人の関係者の話では、中国サイバー管理局(CAC)がリフィニティブに対して、命令に従わないなら国内におけるサービスを停止すると通告したため、先週に記事を閲覧できない措置を講じた。

    2人の関係者によると、リフィニティブが記事をブロックしたのは中国国内だけだが、同国外のユーザーも当該記事を見ることができなかったもよう。理由は明らかになっていない。

    リフィニティブはロイター宛て電子メールで「世界的なビジネスとして、われわれは全ての国・地域の規制上の義務を守る。そこには中国における事業免許で求められる内容も含まれる」とコメントした。

    ある関係者は、リフィニティブが中国で金融情報サービスの免許を取得して以降、免許の条件は変わっていないが、執行面で厳しさが増してきていると打ち明けた。

    天安門事件は中国国内で今でもタブー視されており、政府はデモ参加者の正確な死亡者数さえ発表していない。

    [ロイター]


    トムソンロイター・ジャパン

    Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

    20190611issue_cover200.jpg
    ※6月11日号(6月4日発売)は「天安門事件30年:変わる中国、消せない記憶」特集。人民解放軍が人民を虐殺した悪夢から30年。アメリカに迫る大国となった中国は、これからどこへ向かうのか。独裁中国を待つ「落とし穴」をレポートする。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:AI時代の英語学習

    本誌 最新号

    特集:AI時代の英語学習

    自動翻訳はどこまで実用的か? AI翻訳・通訳を使いこなす英語力とは

    2020年3月 3日号  2/26発売

    人気ランキング

    • 1

      「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

    • 2

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 3

      遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

    • 4

      アメリカから帰国した私が日本の大手航空会社の新型…

    • 5

      中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

    • 6

      国民の命は二の次か? 武漢パンデミックを後追いす…

    • 7

      感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

    • 8

      new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)…

    • 9

      専門家会議の見解では、家族をどうやって感染から守…

    • 10

      裸の男たちがひしめき合う岡山の祭りにマスクなし

    • 1

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 2

      「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

    • 3

      文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

    • 4

      ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

    • 5

      感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

    • 6

      スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

    • 7

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 8

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 9

      クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

    • 10

      new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)…

    • 1

      「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

    • 2

      一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

    • 3

      ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

    • 4

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 5

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 6

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 7

      「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

    • 8

      BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

    • 9

      「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー…

    • 10

      「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】シリコンバレー、格差社会の日常