Newsweek

5G

欧米に締め出されたファーウェイ、東南アジアで5G市場狙う

2019年7月1日(月)17時00分
プラシャント・パラメスワラン

    ファーウェイに対する東南アジア各国の対応はさまざまだ(バンコク) ATHIT PERAWONGMETHAーREUTERS

    <アメリカなどに締め出された中国の巨人とフィリピンは既に手を結び、カンボジアも積極的>

    6月下旬、フィリピン通信大手のグローブ・テレコムが中国の華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)の設備を導入した5G(第5世代移動通信システム)商用サービスをスタートさせた。5Gをめぐる競争が激化するなか、東南アジアで初の5G開設だ。

    東南アジアは地域全体の人口(世界3位)、経済(同5位)ともに規模が大きく、中国にとって重要度は高い。ファーウェイは一部の国で以前から存在感を発揮しており、競争力のある5Gなどの分野で、いくつかのプロジェクトが進行している。

    とはいえ、米政府が安全保障上の懸念を示すファーウェイに対する対応は、今のところ国によってまちまちだ。国の発展段階も技術レベルも異なるのだから、当然といえば当然だろう。

    カンボジアなどはファーウェイとの事業に積極的だ。4月の「第2回一帯一路国際協力フォーラム」に参加したフン・セン首相は、同社との5Gに関する協力覚書に調印している。

    一方、ベトナムなどは懐疑的で、タイとインドネシアは態度を保留している。ファーウェイとの事業にリスクよりチャンスを感じているようにみえる政府や企業がある一方、世論から不安の声が上がっている国もある。

    今回、アメリカの同盟国であるフィリピンの企業が同社と組んだことで、東南アジア地域の動向に再び注目が集まった。

    グローブのアルベルト・デララザバル最高営業責任者は、ファーウェイの無線機やモデムなどを使って、都市部の家庭やオフィス向けにサービスを提供すると発表した。ファーウェイは以前からフィリピンで事業を展開し、通信会社も関係継続の意向を繰り返し表明しているので、これ自体は驚くには当たらない。

    東南アジアが割を食う?

    ドゥテルテ大統領率いるフィリピンは、副作用を顧みずに中国と良好な関係を築こうとしている。米政府や自国内から上がる不安の声を一蹴し、一部の国が実施している独自調査などを検討することもなかった。

    だが、具体的な事業の進め方も、安全保障リスクへの対処法も詳細は不明なまま。グローブ側は情報漏洩などを防ぐため外部の企業と協力していると言うが、政府や他企業への影響、反対派への対応についても、ほとんど何も分からない。そのため現時点では、フィリピンの決断がどのような結果になるかを判断するのは難しい。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

    本誌 最新号

    特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

    政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

    2019年11月19日号  11/12発売

    人気ランキング

    • 1

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

    • 2

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 3

      アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄「国家安保室」の暴走

    • 4

      香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

    • 5

      韓国、アイドルオーディション番組「PRODUCE 101」ヤラ…

    • 6

      中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

    • 7

      「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

    • 8

      債券バブルが崩壊したら株式市場はどうなるか

    • 9

      香港警察が大学に突入、林鄭月娥の賭けと誤算

    • 10

      スカート内盗撮おとがめ無しのドイツ やっと違法化…

    • 1

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

    • 2

      文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の漁船員2人を強制送還

    • 3

      日朝戦争なら韓国は北朝鮮の味方、日本はいつの間にか四面楚歌?

    • 4

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 5

      香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

    • 6

      韓国通貨危機の裏側を赤裸々に暴く 『国家が破産する…

    • 7

      母親に育児放棄されたチーターが、犬の「代理きょう…

    • 8

      アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

    • 9

      200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

    • 10

      中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

    • 1

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

    • 2

      マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

    • 3

      「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

    • 4

      意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

    • 5

      インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

    • 6

      「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

    • 7

      中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

    • 8

      ラグビー場に旭日旗はいらない

    • 9

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 10

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】不世出のスター写真家リチャード・アヴェドンを見つめ続けた16年