Newsweek

中東

トルコ、シリア北東部への軍事作戦開始 クルド攻撃で民間人の死者5人

2019年10月10日(木)08時55分

    トランプ大統領はこの日、トルコの攻撃を「悪い考えだ」とし、支持しないと述べた。

    エルドアン大統領がクルド人を全滅させることを懸念しているかとの記者団からの質問に対しては、「そうなれば、私がトルコ経済を壊滅させる」と応じた。過去に課した対トルコ制裁に言及し、「過去にも壊滅させた」とした上で、「エルドアン氏が理性的に行動することを望む」と述べた。

    トランプ大統領の米軍撤収の決定を巡っては、自身の共和党内からも批判が相次ぐ。

    トランプ大統領に近い共和党の重鎮リンゼー・グラム上院議員は、クルド人勢力を支援しないことは「大統領の任期中最大の過ち」と非難した。同党のリズ・チェイニー下院議員も「米国は同盟を結んでいたクルド人勢力を見捨てた」と批判。トランプ大統領の決定が「米国の敵国ロシア、イラン、トルコを支援し、IS復活の下地を整えることになる」と述べた。

    トルコによる攻撃について、ドイツ政府は地域のさらなる不安定化につながり、ISを強化することにもなりかねないと懸念を表明した。

    国連安全保障理事会は欧州諸国からの要請を受け、10日に非公開の緊急会合を開く。報道官によると、グテレス国連事務総長はシリア北東部の情勢を「深く憂慮」し、「軍事的な解決策ではシリア内戦を収束できない」との考えを示した。

    ユンケル欧州委員長は欧州議会で、欧州連合(EU)がトルコの安全地帯創設に資金を提供することはないと言明した。

    シリアのアサド政権の後ろ盾とされるロシアとイランも、シリア北東部での情勢の収束に向けた行動を促した。ロシアはシリア政府とシリアのクルド人勢力との対話を呼び掛け、イランはトルコに対し軍事行動を控え自制するよう促した。

    為替市場ではトルコリラが対ドルで0.5%下落し、主要な支持水準とされる5.85リラを割り込んだ。

    *内容を追加しました。

    [アンカラ/ベイルート 9日 ロイター]


    トムソンロイター・ジャパン

    Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます




    20191015issue_cover200.jpg
    ※10月15日号(10月8日発売)は、「嫌韓の心理学」特集。日本で「嫌韓(けんかん)」がよりありふれた光景になりつつあるが、なぜ、いつから、どんな人が韓国を嫌いになったのか? 「韓国ヘイト」を叫ぶ人たちの心の中を、社会心理学とメディア空間の両面から解き明かそうと試みました。執筆:荻上チキ・高 史明/石戸 諭/古谷経衡

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:台湾の力量

    本誌 最新号

    特集:台湾の力量

    コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

    2020年7月21日号  7/14発売

    人気ランキング

    • 1

      東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続200人台、検査数に加え陽性率も高まる

    • 2

      新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢研究所が保管

    • 3

      世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カナダ両国が「待った」

    • 4

      24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

    • 5

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

    • 6

      GoToキャンペーン「感染防止に注意し活用を」菅官房長…

    • 7

      抗体なくてもT細胞が新型コロナウイルス退治? 免…

    • 8

      なぜテレワークは日本で普及しなかったのか?──経済、…

    • 9

      中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

    • 10

      「自粛要請」で外出を控えた日本人は世界に冠たる不…

    • 1

      「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

    • 2

      中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

    • 3

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

    • 4

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

    • 5

      東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

    • 6

      生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

    • 7

      24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

    • 8

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 9

      世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

    • 10

      「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

    • 1

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 2

      「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

    • 3

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 4

      中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

    • 5

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

    • 6

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

    • 7

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 8

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

    • 9

      東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

    • 10

      ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】リアル過ぎる赤ちゃん人形が愛される理由