Newsweek

SNS

TikTok美容動画に忍ばせた中国批判、運営元があっさり謝罪した理由

2019年12月2日(月)14時20分
タレク・ハダド、長岡義博

    中国生まれのSNSで中国を批判したアジズ @GETMEFAMOUSPARTTHREE/TIKTOK

    <中国発のSNSで中国を批判したアメリカ人少女のアカウントが一時削除され、復活した。米側責任者の釈明内容は?>

    中国生まれのSNS「TikTok(ティックトック)」に投稿した美容動画の途中に、共産党によるウイグル人弾圧の批判をナレーションで挟み込む──。ある意味、高度な抗議活動をアフガニスタン系アメリカ人フェロザ・アジズが実践した。

    フェロザ・アジズのオリジナル投稿 Viral Curiosity-YouTube


    17歳のアジズは11月末、「まつ毛をカールする方法を教える」と語る動画に「中国は罪のないイスラム教徒を強制収容所に入れている」と、中国政府が新疆ウイグル自治区で続けている弾圧の告発を紛れ込ませた。動画は計150万回以上再生された。

    アジズのアカウントはいったん削除され、その後復活した。米国TikTokの安全問題責任者エリック・ハンは「削除は人為的ミスだった」と釈明・謝罪したが、中国にとって敏感なウイグル問題であっさり謝ったのは、中国版TikTok「抖音」とは別アプリであり、独自の方針で運営されているからだろう。

    アジズは「説明になっていない」と蹴っ飛ばしたが。

    <本誌2019年12月10日号掲載>

    【参考記事】中国共産党の影が動画アプリ「TikTok」を覆う
    【参考記事】ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

    20191210issue_cover150.jpg
    ※画像をクリックすると
    アマゾンに飛びます

    12月10日号(12月3日発売)は「仮想通貨ウォーズ」特集。ビットコイン、リブラ、デジタル人民元......三つ巴の覇権争いを制するのは誰か? 仮想通貨バブルの崩壊後その信用力や規制がどう変わったかを探り、経済の未来を決する頂上決戦の行方を占う。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

    本誌 最新号

    特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

    ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

    2020年1月21日号  1/15発売

    人気ランキング

    • 1

      訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

    • 2

      オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物を救出」は本当?

    • 3

      人生切り売りする生き方、辞めませんか? 40代独身男性、生活費8000円の田舎暮らしのススメ

    • 4

      日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

    • 5

      野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

    • 6

      韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

    • 7

      イランによるウクライナ機撃墜の悲劇 なぜ飛行禁止…

    • 8

      元CIA工作員が占う2020年の世界――危険な「伝統回帰」…

    • 9

      複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

    • 10

      イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

    • 1

      最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報じるメディアの無知

    • 2

      訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

    • 3

      韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

    • 4

      イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

    • 5

      年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

    • 6

      野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

    • 7

      日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

    • 8

      日本は台湾からの難民を受け入れる準備ができているか

    • 9

      複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

    • 10

      英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

    • 1

      日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

    • 2

      韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

    • 3

      韓国の自動車が危ない?

    • 4

      複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

    • 5

      トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

    • 6

      イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

    • 7

      3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

    • 8

      ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

    • 9

      最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

    • 10

      北朝鮮の「ロケットマン」復活で近づく米朝戦争の足音

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】独裁へと突き進む新トルコ帝国の日常