Newsweek

SNS

TikTok美容動画に忍ばせた中国批判、運営元があっさり謝罪した理由

2019年12月2日(月)14時20分
タレク・ハダド、長岡義博

    中国生まれのSNSで中国を批判したアジズ @GETMEFAMOUSPARTTHREE/TIKTOK

    <中国発のSNSで中国を批判したアメリカ人少女のアカウントが一時削除され、復活した。米側責任者の釈明内容は?>

    中国生まれのSNS「TikTok(ティックトック)」に投稿した美容動画の途中に、共産党によるウイグル人弾圧の批判をナレーションで挟み込む──。ある意味、高度な抗議活動をアフガニスタン系アメリカ人フェロザ・アジズが実践した。

    フェロザ・アジズのオリジナル投稿 Viral Curiosity-YouTube


    17歳のアジズは11月末、「まつ毛をカールする方法を教える」と語る動画に「中国は罪のないイスラム教徒を強制収容所に入れている」と、中国政府が新疆ウイグル自治区で続けている弾圧の告発を紛れ込ませた。動画は計150万回以上再生された。

    アジズのアカウントはいったん削除され、その後復活した。米国TikTokの安全問題責任者エリック・ハンは「削除は人為的ミスだった」と釈明・謝罪したが、中国にとって敏感なウイグル問題であっさり謝ったのは、中国版TikTok「抖音」とは別アプリであり、独自の方針で運営されているからだろう。

    アジズは「説明になっていない」と蹴っ飛ばしたが。

    <本誌2019年12月10日号掲載>

    【参考記事】中国共産党の影が動画アプリ「TikTok」を覆う
    【参考記事】ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

    20191210issue_cover150.jpg
    ※画像をクリックすると
    アマゾンに飛びます

    12月10日号(12月3日発売)は「仮想通貨ウォーズ」特集。ビットコイン、リブラ、デジタル人民元......三つ巴の覇権争いを制するのは誰か? 仮想通貨バブルの崩壊後その信用力や規制がどう変わったかを探り、経済の未来を決する頂上決戦の行方を占う。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:人生を変えた55冊

    本誌 最新号

    特集:人生を変えた55冊

    コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

    ※次号は8/18(火)発売となります。

    2020年8月11日号  8/ 4発売

    人気ランキング

    • 1

      トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

    • 2

      韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

    • 3

      李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

    • 4

      アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

    • 5

      『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

    • 6

      日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

    • 7

      スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

    • 8

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

    • 9

      原爆投下75年、あの日アメリカが世界に核兵器をもた…

    • 10

      中国、輸入冷凍食品の包装に新型コロナウイルス 一…

    • 1

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

    • 2

      ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

    • 3

      トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

    • 4

      『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

    • 5

      陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

    • 6

      日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

    • 7

      K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

    • 8

      【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

    • 9

      韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

    • 10

      地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

    • 1

      コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

    • 2

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

    • 3

      中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

    • 4

      韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

    • 5

      ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

    • 6

      宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

    • 7

      アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

    • 8

      戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

    • 9

      中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

    • 10

      東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】幸せを探してスクールバスのわが家は走る