新型肺炎

新型コロナウイルス 世界に広がる東洋人嫌悪   

2020年2月4日(火)16時10分
モーゲンスタン陽子

    地域一帯でサポート カナダ

    さらには、中国からの旅行者ではない、同じ国民である中国系住民に対する差別行為が起きている。本国に次ぐ中国系人口を抱えるカナダのチャイニーズコミュニティは、2003年のSARS大流行のときに大バッシングを受けた苦い思い出がある。多数ある中華街に人が寄り付かなくなるなど、彼らのビジネスが受けた損害は約800億円以上とも言われる。あまりのことに、当時のジャン・クレティエン首相が中華街を訪れ安全性をアピールするなど、異例の事態となった。

    今回も早くも始まったヘイトスピーチに、コミュニティはまたあの悪夢が甦るのではないかと、戦々恐々としている。バスの中でアジア系男性たちに「あなた、あの中国病なの?」と問いかける白人女性が目撃されたり、中国系社員だけ自宅勤務を命じられたり、SNSで中華料理レストランのボイコットを呼びかけるポストが蔓延したりしている。

    ただしカナダでは、悲劇を繰り返すまいとする中国系以外の団結も固い。東トロントで何十年も花屋を営む中国系夫妻が先週、客から人種差別的な発言を受けたエピソードがテレビで紹介されると、近隣の住民がこぞってこの花屋を訪れるようになった。また2日には、近所のFearless Burger(恐れを知らないバーガー)が、この花屋で買い物をしたレシートと引き換えに無料でバーガーを振る舞うという粋な計らいを見せた。

    イギリスでふたたび活気づくゼノフォビア

    イギリスでは大学院生が、バスや図書館で席についたとたん隣の人がさっさと荷物をまとめて立ち去ってしまうといったことが増えていると指摘している。フランスでは路上やSNS上での中国人に対する暴言が止まらず、#JeNeSuisPasUnVirus「私はウイルスではない」のハッシュタグが登場した。イタリアのサンタ・チェチーリア音楽院が日本人も含めた東洋人へのレッスン制限を公表したことは日本でも報道された。

    ブレグジットの興奮覚めやらぬイギリスでは、ゼノフォビア(外国人嫌悪)が再び勢いづいている。だが、新型コロナウイルスは、ふだん彼らがひた隠しにしている差別感情を表出する口実になっているかのようだ。

    「外国人嫌いの一部は、直近の伝染の恐れと相互作用している。中国に対するより広範な政治的および経済的緊張と不安とによって支持されている可能性が高い」と、ハワイ大学アジア研究科のクリスティ・ゴヴェラ助教授は指摘する。

    インフルエンザの脅威を見過ごしがち

    さらに、新型コロナウイルスに怯えるあまり、別の大きな脅威が見過ごされている。インフルエンザだ。ドイツについて言えば、2020年1月のみで約7000件、188種ものインフルエンザが確認されており、その数は増え続けている。エアランゲン大学病院の細菌学者アーミン・エンザーは、毎年5000〜10000人が亡くなるインフルエンザのほうが「現時点ではコロナウイルスよりも恐ろしい」と警告する

    ブラウン大学の人類学者キャサリン・A・マンソン教授はロスアンゼルス・タイムスにて、
    「いま必要とされているのは、中国と国際社会の双方が冷静になることだ」
    「コロナウイルスを(まるでこの世の終わりのように)扱うことは、益より害のほうが大きい」と、国際的な過剰反応はウイルスより危険だと警告する。

    本誌紹介

    特集:ルポ  武漢研究所のウソ

    本誌 最新号

    特集:ルポ 武漢研究所のウソ

    新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

    2021年6月22日号  6/15発売

    人気ランキング

    • 1

      最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

    • 2

      オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

    • 3

      BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

    • 4

      閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

    • 5

      「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

    • 6

      やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

    • 7

      「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

    • 8

      洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

    • 9

      本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

    • 10

      ディズニー映画から「本物の悪役」が姿を消したのは…

    • 1

      最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

    • 2

      オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

    • 3

      中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

    • 4

      BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

    • 5

      やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

    • 6

      閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

    • 7

      病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

    • 8

      徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

    • 9

      将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

    • 10

      「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

    • 3

      国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

    • 4

      最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

    • 5

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

    • 6

      閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

    • 7

      東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

    • 8

      オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

    • 9

      武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

    • 10

      【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】母国がにじむ中国系住民の郊外的日常