Newsweek

北朝鮮

文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

2020年2月20日(木)11時10分
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト) ※デイリーNKジャパンより転載

    北朝鮮にとって韓国は一番頼りになる隣国のはずだが…… Korea Summit Press Pool/REUTERS

    <新型コロナウイルス蔓延で北朝鮮が今後、韓国に救いを求める可能性は十分にあるはずだが、それでも金正恩は文在寅の非難を止められない>

    北朝鮮が、このところ控えていた韓国の文在寅大統領に対する非難を再開した。

    北朝鮮の対韓国宣伝サイトである「ウリミンジョクキリ(わが民族同士)」は19日、「事大と屈従は事態をいっそう悪化させるだけ」と題した論評を掲載。文在寅氏が、在米韓国大使館が8日に全米知事会(NGA)と開催したレセプションに送った映像メッセージを問題視した。

    論評は、メッセージで「過去70年、両国は共に韓半島の平和と北東アジアの安全を守ってきた」「血で結ばれた韓米同盟は安全保障を越えて経済協力までも含む偉大な同盟になった」などと語った文在寅氏の発言に言及。

    「まさに事大と外勢屈従のにおいが漂う不穏当な発言」であり、「現南朝鮮当局が今まで外勢依存政策を続け、これだけ苦い経験をしても、まだ気を取り直していないようだ」と非難した。

    北朝鮮は現在、諸外国と同様、新型コロナウイルス対策で非常事態下にあるが、防疫体制が脆弱である分、日本や韓国よりも緊張度は高いと見られる。すでに国内経済は弱っており、治安の乱れを抑えつけるため、一時は低調となっていた公開処刑も活発化させている。

    このような状況で新型コロナウイルスがまん延するようなことになれば、体制が土台から揺らぐ可能性すらある。

    <参考記事:女性芸能人たちを「失禁」させた金正恩氏の残酷ショー

    そのようなリスクを考えれば、いざという時に救いの手を差し伸べてくれそうな相手を考えそうなものだ。その意思と能力の両面で北朝鮮を支え得る存在の筆頭は、文在寅政権下の韓国に他ならない。

    それでも金正恩氏は、どのような状況が生じようとも文在寅政権に頼るつもりはないようだ。でなければ、このタイミングで非難の論評を出すはずもない。

    しかし、今のところ感染者が出たとの公式発表のない北朝鮮だが、状況がどう展開するかによって、金正恩氏の思惑が大きく外れることもあり得る。果たして新型コロナウイルスは、朝鮮半島情勢に影響を与える「変数」となるのだろうか。

    <参考記事:「あと15日しかもたない」金正恩、新型肺炎で体制崩壊の危機

    [筆者]
    高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト)
    北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。関西大学経済学部卒業。98年から99年まで中国吉林省延辺大学に留学し、北朝鮮難民「脱北者」の現状や、北朝鮮内部情報を発信するが、北朝鮮当局の逆鱗に触れ、二度の指名手配を受ける。雑誌、週刊誌への執筆、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に『コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記―』(新潮社)、『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』(宝島社)、『北朝鮮ポップスの世界』(共著、花伝社)など。近著に『脱北者が明かす北朝鮮』(宝島社)。

    ※当記事は「デイリーNKジャパン」からの転載記事です。

    dailynklogo150.jpg



    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:人生を変えた55冊

    本誌 最新号

    特集:人生を変えた55冊

    コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

    2020年8月11日号  8/ 4発売

    人気ランキング

    • 1

      ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

    • 2

      陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」のリアル

    • 3

      『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

    • 4

      原爆投下75年、あの日アメリカが世界に核兵器をもた…

    • 5

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

    • 6

      脱北者、北に逃げる。物語で描かれないその素顔

    • 7

      日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

    • 8

      【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

    • 9

      地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

    • 10

      「消費減税に安倍首相も関心、税率ゼロ%の方が対応容…

    • 1

      コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

    • 2

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

    • 3

      ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

    • 4

      K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

    • 5

      陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

    • 6

      奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

    • 7

      再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

    • 8

      『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

    • 9

      【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

    • 10

      【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

    • 1

      コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

    • 2

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

    • 3

      中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

    • 4

      「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

    • 5

      中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

    • 6

      韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

    • 7

      ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

    • 8

      宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

    • 9

      アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

    • 10

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】幸せを探してスクールバスのわが家は走る