Newsweek

パンデミック

イタリア、新型コロナウイルスの死者3405人で中国超える 感染は15%増で4万人突破

2020年3月20日(金)09時14分

    イタリアで19日、新型コロナウイルス感染による死者がウイルス発生源とされる中国を上回った。ソレントで撮影(2020年 ロイター/CIRO DE LUCA)

    イタリアで19日、新型コロナウイルス感染による死者がウイルス発生源とされる中国を上回った。

    イタリア政府当局によると、新型コロナ感染による死者は過去24時間で427人増え、3405人に達した。中国でこれまでに確認されている死者は3245人。

    イタリアでの感染者数は前日比14.9%増の4万1035人。中国の8万0907人を大きく下回る。

    これまでに回復した患者は4400人と、前日の4025人から増えた。一方、集中治療室で治療を受けている患者も2498人と、前日の2257人から増加した。

    イタリアでは感染拡大に向け全土で移動制限が出され、事実上封鎖されているが、感染拡大終息の兆しがみられない中、イタリア政府はこうした措置をさらに厳格化する可能性を検討している。

    移動制限がどの程度守られているかも不明で、内務省によると、この1週間で120万人超が警察に移動を止められ、5万1000人が規則違反者として報告されている。

    地元紙コリエレ・デラ・セーラによると、コンテ首相は店舗や学校の閉鎖を延長する方針を検討しているという。現行では大半の店舗閉鎖が少なくとも25日まで、学校閉鎖が4月3日までとなっている。

    [ミラノ/ローマ 19日 ロイター]


    トムソンロイター・ジャパン

    Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

    【関連記事】
    ・イタリアを感染拡大の「震源地」にした懲りない個人主義
    ・新型コロナ:中国「新規感染者数ゼロ」の怪
    ・日本が新型肺炎に強かった理由


    20200324issue_cover150.jpg
    ※画像をクリックすると
    アマゾンに飛びます

    2020年3月24日号(3月17日発売)は「観光業の呪い」特集。世界的な新型コロナ禍で浮き彫りになった、過度なインバウンド依存が地元にもたらすリスクとは? ほかに地下鉄サリン25年のルポ(森達也)、新型コロナ各国情勢など。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:人生を変えた55冊

    本誌 最新号

    特集:人生を変えた55冊

    コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

    2020年8月11日号  8/ 4発売

    人気ランキング

    • 1

      ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

    • 2

      陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」のリアル

    • 3

      『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

    • 4

      原爆投下75年、あの日アメリカが世界に核兵器をもた…

    • 5

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

    • 6

      脱北者、北に逃げる。物語で描かれないその素顔

    • 7

      日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

    • 8

      【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

    • 9

      地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

    • 10

      「消費減税に安倍首相も関心、税率ゼロ%の方が対応容…

    • 1

      コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

    • 2

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

    • 3

      ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

    • 4

      K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

    • 5

      陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

    • 6

      奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

    • 7

      再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

    • 8

      『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

    • 9

      【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

    • 10

      【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

    • 1

      コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

    • 2

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

    • 3

      中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

    • 4

      「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

    • 5

      中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

    • 6

      韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

    • 7

      ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

    • 8

      宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

    • 9

      アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

    • 10

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】幸せを探してスクールバスのわが家は走る