Newsweek

スウェーデン

コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当局の科学者「恐ろしい」

2020年5月8日(金)14時40分
スー・キム

    また彼女は、スウェーデンでは今でも、健康な子ども(6~15歳)は学校に通うことが義務づけられていると指摘。「つまり健康な教師たちも、学校で授業をし続けなければならないということだ。これまでに複数の教師が(新型コロナウイルスに感染して)命を落としている。た全体として、政府は予防のための措置を怠っているように思える」と語った。

    スウェーデンは同ウイルスの感染拡大を受けて50人以上の集会を禁止し、市民には不要不急の移動や高齢者との接触を避けるよう勧告している。レストラン、バーやナイトクラブは着席スタイルのサービスのみ許可されており、営業を続けているが、ロイター通信によれば、政府は感染予防のガイドラインに従わない飲食店は営業停止にすると警告している。

    高校と大学は閉鎖されてオンライン授業に切り替えられているが、16歳未満の子どもたちは今も学校に通っている。仕事に関しては、できるだけ自宅勤務にするように、とされている。

    スウェーデンのミカエル・ダンベリ内相は記者会見で、「気候が良くなってくるにつれて、テラス席のあるレストランに大勢の客が集まっているようで気がかりだ」と懸念を表明。「ストックホルムでもほかの場所でも、テラス席のあるレストランが客で一杯になる状況は好ましくない。そうなれば、レストランを閉鎖することになる」とつけ加えた。

    「弱い人々を守れていない」

    カロリンスカ研究所のセシリア・セーデルベリ・ナウクレル教授(微生物病因)も、スウェーデンの異例の対策に懸念の声を上げてきた。彼女をはじめとする2300人近い学者たちは3月末、政府宛の公開書簡に署名。医療システムを守るために、もっと厳しい対策を導入するよう求めた。

    セーデルベリ・ナウクレルは4月に入ってから、ロイター通信にこう語っている。「国が完全な混乱状態に陥ることがないように、状況をコントロールすることが必要だ。ロックダウンをしないという方法は、(日本以外)これまで誰も試していない。それなのになぜ、国民の同意なしに、スウェーデンが初めてその方法を試さなければならないのか」

    またルンド大学(スウェーデン)のポール・フランクス教授(遺伝疫学)は、4月に本誌にこう語っていた。「政府の戦略は、弱い人々を守るという点であまりうまく機能していない。そのことは、多くの高齢者施設や病院内で新型コロナウイルスの感染者が確認されている事実から明らかだ」

    フランクスと同大学のピーター・ニルソン教授(内科医学・感染学)は3月27日に共同で論文を発表。この中で「特に大都市圏で感染が拡大したり、医療システムへの負担が深刻化したりすれば、今後スウェーデンでもより厳しい規制が導入される可能性は高い」と指摘している。

    20050512issue_cover_150.png
    ※画像をクリックすると
    アマゾンに飛びます

    2020年5月5日/12日号(4月28日発売)は「ポストコロナを生き抜く 日本への提言」特集。パックン、ロバート キャンベル、アレックス・カー、リチャード・クー、フローラン・ダバディら14人の外国人識者が示す、コロナ禍で見えてきた日本の長所と短所、進むべき道。

    本誌紹介

    特集:誤解だらけの米中新冷戦

    本誌 最新号

    特集:誤解だらけの米中新冷戦

    「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

    ※次号は9/23(水)発売となります。

    2020年9月22日号  9/15発売

    人気ランキング

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではなくトランプ政治

    • 3

      権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

    • 4

      金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

    • 5

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

    • 6

      「やめておけ、マイナス金利」 欧州金融界、逆効果示…

    • 7

      関係悪化の責任は安倍前首相にあると煽ってきた韓国…

    • 8

      EVで世界トップに上り詰めたテスラ、新たな電池戦略 …

    • 9

      トランプのWeChat禁止措置、連邦地裁が仮差し止め命令

    • 10

      台湾・蔡英文総統、菅首相と電話会談予定せず 森元首…

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

    • 3

      「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベルだった

    • 4

      韓国の世代間格差と若者の怒り

    • 5

      水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

    • 6

      EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

    • 7

      拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

    • 8

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

    • 9

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

    • 10

      親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

    • 3

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

    • 4

      反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

    • 5

      1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

    • 6

      中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

    • 7

      撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

    • 8

      米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

    • 9

      アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

    • 10

      太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】光のあふれる美しい家と、愛すべき犬と