Newsweek

香港

「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

2020年5月25日(月)17時35分
ジェイソン・レモン

    中国の国家安全法制定の動きに抗議した香港市民に、警官隊は再び催涙ガスを浴びせた(5月24日)  Tyrone Siu-REUTERS

    <香港への統制を強化する「国家安全法」をパッテン元総督が強く懸念>

    中国政府が香港の統制を強化する「国家安全法」の制定に向けて動き出した。これを受けてイギリス統治時代の香港で最後の総督を務めたクリス・パッテンは中国を強く批判するとともに、香港の自治を守るためにさらなる行動を起こすようイギリス政府に求めた。

    「中国は(香港や国際社会を)欺いている。物事を自分たちの都合に無理やり合わせようとし、それを指摘されると、『戦狼』外交官たちがいじめと恫喝を用いて相手を黙らせようとする」とパッテンは英タイムズ紙とのインタビューで述べた。戦狼外交官とは、中国版ランボーとも言われる戦争アクション映画『戦狼』になぞらえ、高圧的で攻撃的な発言をする外交官を指す。

    「やめさせなければ、世界の安全度は大きく損なわれ、世界中の自由民主主義が危うくなるだろう」とパッテンは言った。

    国家安全法案については、多くの香港住民そして外国の専門家たちが、香港の自治を恒久的に損なう可能性があると懸念している。

    香港では24日、数千人規模のデモが行われ、市内各所でデモ隊と機動隊の衝突が起きた。

    パッテンはイギリス政府に対し、「私たちが目にしている事態は、共同声明を完全に破壊するものだ」と考えるべきだと主張。共同声明とは1997年の香港返還の際にイギリスと中国の間で交わされた合意文書だ。これによれば香港は「一国二制度」の下で少なくとも2047年までは自治を維持できることになっている。

    イギリスは中国に、そんなことは許されないと言うべきだ、と語るパッテン


    「中国に香港の人々は裏切られた」

    「われわれが目のあたりにしているのは新たな中国の独裁だ」とパッテンはタイムズに述べた。「私の思うに、香港の人々は中国に裏切られてきた。つまり中国は信頼に足る相手でないことを(自ら)証明したわけだ」

    パッテンはまた、「イギリスには香港のために立ち上がるべき道義的、経済的、そして法的義務がある」と述べ、「真の危機は、イギリスの対応がまったくもたついていることだ」と指摘した。

    「合意文書に調印した以上、われわれには(対応すべき)義務がある」とパッテンは述べた。

    <参考記事>香港の自由にとどめを刺す中国、国際社会はどう反応するのか

    今回の中国の動きを受け、イギリスとオーストラリアとカナダの外相は連名で「われわれは香港の国家安全に関する法律導入の提案を深く憂慮する」との声明を出した。

    声明で外相らは「香港の住民や立法府、司法部の直接の関与なくそうした法律が作られれば、香港に高度な自治を保証する一国二制度の原則は明らかになしくずしにされてしまう」と指摘した。

    昨年、中国の習近平(シー・チンピン)政権が逃亡犯条例の改正によって香港の自由と自治への制限を強めようとしたときは、香港では激しい抗議運動が起きた。数千人のデモ隊が警察との衝突を繰り返し、11月に行われた区議会(地方議会)議員選挙では民主派が香港史上例のない地滑り的勝利を収めた。

    <参考記事>全人代「香港国家安全法案」は米中激突を加速させる

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:人生を変えた55冊

    本誌 最新号

    特集:人生を変えた55冊

    コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

    2020年8月11日号  8/ 4発売

    人気ランキング

      • 1

        コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

      • 2

        中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

      • 3

        【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスクとの向き合い方

      • 4

        抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

      • 5

        アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

      • 6

        南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

      • 7

        K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

      • 8

        学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

      • 9

        奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

      • 10

        再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

      • 1

        コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

      • 2

        中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

      • 3

        「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

      • 4

        中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

      • 5

        中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

      • 6

        韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

      • 7

        宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

      • 8

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

      • 9

        アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

      • 10

        戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【写真特集】幸せを探してスクールバスのわが家は走る