Newsweek

K-POP

韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切られた怒りは激烈

2020年5月30日(土)11時00分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

    韓国では政治だけでなく、K-POPファンも抗議デモをして、自らの意志を伝えようとする。더스타 / The STAR / YouTube

    <デモというと政治の世界の話と考えがちだが、K-POPファンの世界でもデモはたびたび行われている>

    韓国は政治などからも見てわかるように、世論が強いイメージがあるが、その風潮は韓国アイドルファンたちの間でも見られる。事務所やレコード会社に意見をぶつけるファンたちを見ていると、日本と韓国ではアイドルとファンとの距離に違いがあるように感じられる。

    例えば、ソウルの地下鉄を歩いていると、アイドルの写真と「誕生日おめでとう」のメッセージが書かれた看板を目にすることがある。これはファンたちがお金を出し合って、駅に広告を出しているのだ。また、以前筆者の友達は、お目当てのまだ無名新人アイドルのマネージャーと仲良くなり、プレゼントをマネージャーに直接手渡しして、スケジュールを聞いたりしていた。

    かつて筆者が映画撮影現場で働いていた頃、出演俳優の差し入れなどもよくあった。ファンからの差し入れも多く、ランチや夜食のケータリングサービスもファンたちがお金を出し合って手配してくれるのだ。他にも、ファンクラブ一同でボランティアに参加したり、スターの名前の付けた植樹をする例もよく芸能ニュースで報道されている。

    このように、日本とは微妙に熱烈な応援をする韓国ファンたちだが、それだけ熱い思いを抱いている分、事務所が応援するアイドルたちのことをないがしろにしたり、アイドル本人がファンを蔑んだりすると、許せないと反発を覚えるようだ。

    レディーガガとのコラボで今話題のBLACKPINKも

    今月14日、K-POP女性アイドルグループ「BLACKPINK」のファンたちが、彼女たちの所属事務所であるYGエンターテイメントを相手にデモを行い注目された。デモ会場には車の側面に垂れ幕が貼られたトラックも登場し話題となった。

    ファンたちの主な要求とは、YG所属の他のアイドルグループに比べ、BLACKPINKの活動が少ないことへの不満である。ファンたちは、「1年に2回のカムバック」「最低6曲以上の新曲が収録されたアルバムの発売」「YouTubeチャンネルの活用」「様ざまなテレビ番組やイベントなどへの出演」「悪質なネット書き込みへの積極的な対応」などを求めている。ちなみに、ここでの「カムバック」とは、韓国音楽業界特有の表現で新曲の発表のことであり、日本語でイメージする「一度引退して芸能界に戻ってくる」というわけではない。

    6曲以上収録のアルバムなど、あまりにも具体的な内容の要求に驚かされるが、実は今回のデモは2度目のことであり、昨年12月にもBLACKPINKのファンは同様の内容でデモを行っていた。今回はその後全く改善していないことへの抗議の意味も含まれている。

    1度デモを行っただけで満足するのではなく、その後の経過を見届け、要求が通ってないとなるとさらにデモを再度敢行する姿勢や、相手に具体的な提案をする点、トラックなど大型の車両を利用し、パフォーマンス的要素をマスコミにアピールしてニュースに取り上げてもらうやり方などは、抗議デモとして見事な方法だと言える。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:人生を変えた55冊

    本誌 最新号

    特集:人生を変えた55冊

    コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

    2020年8月11日号  8/ 4発売

    人気ランキング

      • 1

        コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

      • 2

        中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

      • 3

        【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスクとの向き合い方

      • 4

        抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

      • 5

        アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

      • 6

        南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

      • 7

        K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

      • 8

        学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

      • 9

        奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

      • 10

        再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

      • 1

        コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

      • 2

        中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

      • 3

        「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

      • 4

        中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

      • 5

        中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

      • 6

        韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

      • 7

        宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

      • 8

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

      • 9

        アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

      • 10

        戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【写真特集】幸せを探してスクールバスのわが家は走る