Newsweek

感染症対策

水際作戦で新型コロナ「第2波」に備えるニューヨーク

2020年6月29日(月)15時40分
アーサー・ビラサンタ

    ニューヨークは第2波の到来を防げるか LUCAS JACKSON-REUTERS

    <ニューヨーク州をはじめ米東部の3州は、感染が急拡大している南部や西部8州からの来訪者に対して自主隔離を要請>

    経済活動の再開が本格化するなか、新型コロナウイルスの感染者数が再び増加しているアメリカ。3~4月にかけて感染拡大が深刻だったニューヨーク、ニュージャージー、コネティカットの東部3州は「第2波」の襲来に神経をとがらせている。

    6月24日、3州の知事は共同記者会見を開き、テキサス、フロリダ、アリゾナなど最近になって感染が急拡大している南部や西部の8州からの来訪者に対し、14日間の自主隔離を要請する方針を発表した。これらの州に滞在歴がある自州の住民も対象となり、違反者に罰金や罰則を科すことも検討中という。

    アメリカの1日当たりの新規感染者数は6月26日に4万人を突破。累計死者数も12万人を超えて世界最多だ。

    「ウイルスが飛行機に乗ってやって来ないよう万全を期す」と、ニューヨーク州のクオモ州知事は会見で語った。「感染率を必死で下げる努力をしたのだから、再び上昇させたくはない」

    <2020年7月7日号掲載>

    【関連記事】芝生の上でもソーシャルディスタンス......ニューヨークの新たな日常が始まる

    【話題の記事】
    あまりにも悲痛な事態を前に言葉を失うアメリカ社会
    ニューヨーク当局が新型コロナ時代のセックス指針を公開「最も安全な相手は自分自身」
    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされた黒人の遺体発見が相次ぐ
    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

    20200707issue_cover150.jpg
    ※画像をクリックすると
    アマゾンに飛びます

    2020年7月7日号(6月30日発売)は「Black Lives Matter」特集。今回の黒人差別反対運動はいつもと違う――。黒人社会の慟哭、抗議拡大の理由、警察vs黒人の暗黒史。「人権軽視大国」アメリカがついに変わるのか。特別寄稿ウェスリー・ラウリー(ピュリツァー賞受賞ジャーナリスト)

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    人気ランキング

    • 1

      【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスクとの向き合い方

    • 2

      抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪に加わった可能性が...

    • 3

      南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止まらない

    • 4

      アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

    • 5

      日本の新型コロナ感染者、重症化率・死亡率が低い理由…

    • 6

      トランプのツイッターで急浮上 米大統領選「悪夢の…

    • 7

      学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

    • 8

      米中関係どん底へ バイデン大統領が誕生なら改善す…

    • 9

      中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

    • 10

      東京都、31日のコロナ感染463人で過去最多更新 小池…

    • 1

      韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット 一方で「TPOをわきまえろ」と論争に

    • 2

      中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

    • 3

      アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

    • 4

      これは何? 巨大な黒い流体が流れる様子がとらえら…

    • 5

      【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

    • 6

      新型コロナウイルス、患者の耳から見つかる

    • 7

      次期WTO事務局長選、韓国は日本に支持を呼びかけた..…

    • 8

      「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

    • 9

      三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

    • 10

      抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

    • 1

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 2

      「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

    • 3

      中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

    • 4

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

    • 5

      韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

    • 6

      中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

    • 7

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

    • 8

      宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

    • 9

      アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

    • 10

      戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】幸せを探してスクールバスのわが家は走る