Newsweek

中東

【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に団結する中東諸国

2020年8月6日(木)18時15分
トム・オコナー

    いまだ被害の全容もわからない首都ベイルート港の爆発跡(8月5日) Mohamed Azakir-REUTERS

    <レバノンのシーア派武装組織ヒズボラをテロ指定するアメリカから交戦中のイスラエルまでが次々と支援を表明。狙いは影響力の増大か>

    8月4日にレバノンの首都ベイルートで大規模な爆発が発生したことを受けて、一方ではシリアとイラン、もう一方ではイスラエルとアメリカという、対立関係にある複数の勢力がそれぞれレバノン政府に支援を申し出ている。

    レバノンの長年の盟友であるシリアのワリード・ムアレム外相は5日、レバノンのシャーベル・ワハビ新外相と話し、弔意と団結の意を表明した上で「可能な限りの支援を提供する意思」を伝えた。爆発はベイルートに大きな被害をもたらし、死者は130人以上、負傷者は数千人にのぼっているが、これはまだ早い段階の推定値にすぎず、現在も行方不明者の捜索が続けられている。爆発が起きた(原因はまだ分かっていない)港湾地区から立ち上った煙は、約80キロメートル離れたシリアの首都ダマスカスにまで到達している。

    シリア外務省の公式発表によれば、前任者の辞任を受けて3日に外相に就任したばかりのワハビはムアレムの申し出に対して「両国の真の関係を反映する友愛に感謝を表明した」ということだ。外相同士のやり取りに先立ち、4日にはシリアのバシャル・アサド大統領がレバノンのミシェル・アウン大統領に電話をかけている。

    「交戦中」のイスラエルも支援表明

    20世紀前半に共にフランスからの独立を果たしたレバノンとシリアには、歴史的に深いつながりがある。1970年代にレバノンで内戦が勃発した時には、レバノン難民がシリアに流入し、シリアで2011年に内戦が始まった時には大勢のシリア人がレバノンに渡った。両国共通の仇敵が、領土をめぐる争いで大勢のパレスチナ難民を出しているイスラエルだが、今回の爆発に際しては、そのイスラエルの軍さえもが「今は対立を超越すべき時だ」として、レバノンに人道支援と医療支援の提供を申し出た。

    レバノンもシリアも、厳密には現在イスラエルと「交戦中」だ。イスラエルは、同国とレバノン・シリアが領有権を争う地域で越境攻撃を受けたことへの報復として、この3週間だけでも両国内の複数の標的を攻撃してきた。イスラエルはこれらの越境攻撃について、レバノンのシーア派武装組織ヒズボラをはじめ、中東内外に民兵組織のネットワークを持つイランとのつながりを指摘している。

    そのイランのジャバド・ザリフ外相もまた、ベイルートの爆発直後にソーシャルメディア上で哀悼の意を表明。4日、ツイッターに「イランは必要なあらゆる方法で支援を提供する準備ができている」と投稿し、5日にはワヒバとも電話で話した後、レバノンの「災害救助を支援するために、仮設病院のためのチームと医薬品を現地に送る」と発表した。

    <参考記事>ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される
    <参考記事>1982年「サブラ・シャティーラの虐殺」、今も国際社会の無策を問い続ける

    本誌紹介

    特集:ドイツ妄信の罠

    本誌 最新号

    特集:ドイツ妄信の罠

    良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

    2020年11月 3日号  10/27発売

    人気ランキング

    • 1

      「なぜ欲しいのかワケがわからない」文在寅の原潜計画にアメリカから疑念

    • 2

      韓国の高齢者貧困率が日本を超える理由

    • 3

      ドイツは日本の「戦友」か「戦争反省の見本」か ドイツ人はどう見ている?

    • 4

      日米豪印「クアッド」に走る亀裂──多国間連携で「反…

    • 5

      菅首相は安倍首相に続き自滅か

    • 6

      豪グレートバリアリーフで高さ500メートルの巨大なサ…

    • 7

      「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

    • 8

      悪気はないのに黒人差別となじられた寿司店オーナー…

    • 9

      トランプのコロナ感染に歓喜する中国人の本音

    • 10

      「中国共産党は略奪者」 米国務長官ポンペオ、一帯一路…

    • 1

      世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

    • 2

      「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

    • 3

      菅首相は安倍首相に続き自滅か

    • 4

      女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

    • 5

      「なぜ欲しいのかワケがわからない」文在寅の原潜計…

    • 6

      黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

    • 7

      毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

    • 8

      決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

    • 9

      ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

    • 10

      韓国の高齢者貧困率が日本を超える理由

    • 1

      世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

    • 2

      スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

    • 3

      日本学術会議は最後に大きな仕事をした

    • 4

      金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

    • 5

      習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

    • 6

      その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

    • 7

      注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

    • 8

      決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

    • 9

      「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

    • 10

      中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】分断の街ニューヨークの分断された視点