Newsweek

香港

日本が国安法の対象になりつつある香港民主派逮捕と保釈

2020年8月13日(木)21時46分
遠藤誉(中国問題グローバル研究所所長)

    香港民主活動家・周庭氏を国安法違反で逮捕(8月10日) Tyrone Siu-REUTERS

    10日に逮捕された民主派複数名は11日には保釈されたが、今後の動きも含めて、その背景にある香港の特殊な法体系を考察するとともに、敵対的外国勢力がアメリカだけでなく日本にも及んでいることに注目したい。

    民主派の逮捕と保釈に関する法解釈

    8月10日、香港の民主化運動の象徴の一人とされている周庭さんや中国に批判的なメディア「リンゴ日報」の創始者である黎智英氏等10名ほどが逮捕され、11日には(それぞれ保釈金を積んで)保釈された。

    拘束されていた時間は約24時間だが、まず香港における逮捕と保釈の法体系に関して見てみよう。

    1990年に成立した香港基本法第8条には以下のように書いてある。

    ―― 本法(基本法)に抵触するか、もしくは香港特別行政区の立法府が改正を行う場合を除き、香港でもともと施行されていた法律、すなわちコモンロー、衡平法、条例、付属立法および慣習法は維持されるものとする。

    したがって、今般の逮捕と保釈は、まずはこの基本法第8条に基づいて行われた行為と解釈することができる。

    では次に、香港では逮捕と保釈に関して、どのように規定されているかに関してみてみよう。

    まず香港の保釈には2種類ある。

    一つは「警察保釈」で、もう一つは「法廷保釈」だ。

    香港の法律の第232章には「警隊条例」があり、その52に「警察保釈」が規定されている。条文をそのまま書くのでなく、少し噛み砕いて説明すると、概ね以下のようになっている 。

    ――被疑者が香港警察に逮捕された場合、警察は48時間以内に速やかに起訴し、罪状認否のために治安裁判所(Magistrates' Court)に引き渡す必要がある。もし、警察が事件を起訴するのに十分な証拠があるかどうかを判断するために、さらなる捜査が必要であると判断した場合には、保釈を認め、被告人に定期的に警察署に戻ることや、直接裁判所に出頭することを求めることができる。警察条例は「当該犯罪が重大な性質のものであると判断された場合、または拘留すべきであると信じるに足る合理的な理由がある場合を除き、警察は、保証人の有無にかかわらず、合理的な金額でその者を保釈することができる」と規定されている。

    本誌紹介

    特集:ドイツ妄信の罠

    本誌 最新号

    特集:ドイツ妄信の罠

    良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

    2020年11月 3日号  10/27発売

    人気ランキング

    • 1

      「なぜ欲しいのかワケがわからない」文在寅の原潜計画にアメリカから疑念

    • 2

      韓国の高齢者貧困率が日本を超える理由

    • 3

      ドイツは日本の「戦友」か「戦争反省の見本」か ドイツ人はどう見ている?

    • 4

      日米豪印「クアッド」に走る亀裂──多国間連携で「反…

    • 5

      菅首相は安倍首相に続き自滅か

    • 6

      豪グレートバリアリーフで高さ500メートルの巨大なサ…

    • 7

      「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

    • 8

      悪気はないのに黒人差別となじられた寿司店オーナー…

    • 9

      トランプのコロナ感染に歓喜する中国人の本音

    • 10

      「中国共産党は略奪者」 米国務長官ポンペオ、一帯一路…

    • 1

      世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

    • 2

      「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

    • 3

      菅首相は安倍首相に続き自滅か

    • 4

      女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

    • 5

      「なぜ欲しいのかワケがわからない」文在寅の原潜計…

    • 6

      黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

    • 7

      毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

    • 8

      決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

    • 9

      ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

    • 10

      韓国の高齢者貧困率が日本を超える理由

    • 1

      世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

    • 2

      スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

    • 3

      日本学術会議は最後に大きな仕事をした

    • 4

      金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

    • 5

      習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

    • 6

      その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

    • 7

      注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

    • 8

      決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

    • 9

      「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

    • 10

      中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】分断の街ニューヨークの分断された視点