Newsweek

仮想通貨

アメリカの一流企業がビットコインを「大量購入」 その狙いは?

2020年10月17日(土)15時01分
木村兼作(公認会計士)

    alexsl-iStock

    <アメリカでは上場企業が相次いでビットコインの取得を発表。彼らが見据える「価値」と「将来性」とは>

    上場会社が資産保全のために保有する現預金の一部をビットコインに変える......。数年前までは想像の世界だった話が現実のものになりつつあります。大きなニュースがこの数カ月間に2つありました。

    まず、Nasdaqに上場しているMicroStrategy Inc. (MSTR) が2020年8月11日に21,454 BTCを取得原価2.5億ドル(約250億円)で取得したことを発表しました。Michael Saylor CEO はビットコイン取得の理由を以下のように説明しています:


    "MicroStrategyは資本配分戦略を決定するために数ヶ月間熟考を重ねました。このタイミングでビットコインへの投資を決定したのは、経済やビジネスの状況に影響を与えるマクロ要因が重なったこともあり、当社のコーポレート・トレジャリー・プログラムに長期的なリスクを生み出していると考えたことが一つの要因です。

    これらのマクロ要因には、COVID-19に端を発した経済・公衆衛生危機、世界各国で導入されている量的緩和を含む前例のない政府の金融刺激策、世界的な政治・経済の不確実性などが含まれています。これらの要因が重なることで、法定通貨をはじめとする多くの従来型資産の長期的な実質価値の下落に大きな影響を及ぼす可能性があると考えています。"

    また、投資対象としてのビットコインのポテンシャルを下記のように表現しています:


    "MicroStrategyは、投資対象となる様々な資産クラスを検討する中で、ビットコインの特性を観察し、インフレに対する合理的なヘッジになるだけでなく、他の投資よりも高いリターンを得ることができる可能性があると考えるようになりました。"

    MicroStrategyはさらに2020年9月14日に16,796 BTC を取得原価1.75億ドル(約175億円)で追加取得したことを発表しました。MicroStrategyはその結果、38,250 BTC(取得原価4.25億ドル、約425億円)をその貸借対照表(BS)に計上することになりました。MicroStrategyの時価総額は2020年10月12日時点で16.16億ドルなのでビットコインの保有高はそれの26%に相当します。

    また、2020年6月30日時点の10Q(四半期報告)によると、同社の現金及び現金同等物残高が5.3億ドルなのでその大部分をビットコインの取得に当てたことが推測されます。

    本誌紹介

    特集:BTSが変えた世界

    本誌 最新号

    特集:BTSが変えた世界

    常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

    2020年12月 1日号  11/25発売

    人気ランキング

    • 1

      11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

    • 2

      オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬りまくり

    • 3

      中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族の学校からハングルを抹消へ

    • 4

      麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

    • 5

      グラミー賞ノミネートのBTSとその音楽がこんなにも愛…

    • 6

      【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

    • 7

      英政府、香港最高裁からの英国人判事引き揚げを検討…

    • 8

      劇場版『鬼滅の刃』は慌てて観るには値しない

    • 9

      トランプはなぜあれほど強かったのか──経済政策でも…

    • 10

      暗黒の香港から台湾への脱出者が急増中 日本など近…

    • 1

      女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

    • 2

      米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

    • 3

      オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たったひとつの希望」

    • 4

      【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

    • 5

      世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

    • 6

      やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

    • 7

      大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

    • 8

      11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

    • 9

      新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

    • 10

      オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

    • 1

      アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

    • 2

      半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

    • 3

      アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

    • 4

      女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

    • 5

      アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

    • 6

      事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

    • 7

      世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

    • 8

      米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

    • 9

      トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

    • 10

      オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「自粛」が可視化した東京の現実