Newsweek

中国

世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

2020年10月24日(土)11時40分
譚璐美(たん・ろみ、ノンフィクション作家)

    1994年に着工、建設に15年かけ完成した三峡ダムだが、 不正も多く発生した(写真は2002年) GUANG NIU-REUTERS

    <世界最大のダムが「決壊する!」と注目を浴びたが、今も決壊しないまま。そこで専門家に話を聞き、堤体の構造や今夏の洪水時に何が行われたかを検証した。三峡ダムは本当に大丈夫なのか。なぜ決壊しないのか>

    本誌紹介

    特集:韓国ドラマ&映画 50

    本誌 最新号

    特集:韓国ドラマ&映画 50

    韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

    2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

    人気ランキング

      • 1

        オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

      • 2

        メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

      • 3

        かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

      • 4

        パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

      • 5

        話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

      • 6

        プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

      • 7

        はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

      • 8

        新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

      • 9

        「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

      • 10

        コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

      • 1

        メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

      • 2

        「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

      • 3

        オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

      • 4

        親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

      • 5

        ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

      • 6

        メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

      • 7

        韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

      • 8

        ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

      • 9

        知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

      • 10

        脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【写真特集】1979年、レズビアンたちの肖像