Newsweek

新型コロナウイルス

中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検出された

2020年10月23日(金)17時00分
松丸さとみ

    中国で冷凍食品の外装から活性状態の新型コロナウイルスが検出された...... REUTERS/Thomas Peter

    <中国の山東省青島市で、冷凍食品の外装から活性状態の新型コロナウイルスが検出されたことが明らかになった。10月中旬に集団感染が発生しており、冷凍食品の外装に付着したウイルスが感染源である可能性が疑われている......>

    冷凍タラの外装から感染力のある新型コロナ検出

    中国の山東省青島市で、冷凍食品の外装から活性状態の新型コロナウイルスが検出されたことが明らかになった。いわゆる「コールドチェーン」(生鮮品などを低温に保ったままでの物流)の中でも新型コロナウイルスが生き延びられることを示唆している。

    これまでは、食品そのものや食品の外装に付着した新型コロナウイルスから感染することはないとされていたが、青島市では10月中旬に集団感染が発生しており、冷凍食品の外装に付着したウイルスが感染源である可能性が疑われている。

    英紙ガーディアンによると、中国疾病予防管理センター(中国CDC)は10月17日、青島市内で冷凍タラの外装から、活性状態の新型コロナウイルスが検出されたと発表した。冷凍タラがどこで作られたものかなどは分かっていない。

    青島市では集団感染を受けて、900万人とも1100万人とも言われる規模で市民の感染テストを実施した。冷凍食品の外装から新型コロナウイルスが検出されたのも、この集団感染を調査していた一環だった。

    ガーディアンによると、今回の集団感染により、青島市内では2カ月ぶりに感染者が出たことになる。感染源は港湾作業員2人と見られており、この2人から他の12人に感染が広がった。ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)によると、作業員2人は外国から輸入された冷凍魚の積み荷降ろし作業をしており、これが感染の原因となった可能性が高いと中国当局は見ているようだ。

    冷凍食品からウイルスの痕跡検出はこれまでも

    WSJによると、中国では6月、北京で再感染が拡大した際に、生鮮市場で輸入サケを扱っていた業者のまな板から新型コロナウイルスが検出された。これを受けて当局は、生鮮品や冷凍の肉や魚を扱うスーパーや倉庫、ケータリング業者を中心に検査を行った。

    こうしたこともあり中国当局は9月には、外国から中国の港に到着した肉や魚など50万サンプル以上を抜き取り検査したという。その際、冷凍食品──ロシア産のイカ、インドネシア産やノルウェー産の魚など──の外装から新型コロナウイルスの遺伝子の痕跡が検出された。しかし感染力を保った状態でウイルスが見つかったのは、今回の青島市のケースが初めてだとされている。

    本誌紹介

    特集:トランプは終わらない

    本誌 最新号

    特集:トランプは終わらない

    全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

    2021年1月19日号  1/13発売

    人気ランキング

    • 1

      七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

    • 2

      入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知するパルスオキシメーターは必須アイテムだ

    • 3

      菅首相、1分に1回以上口にする「ある口癖」 言葉が心に届かず不安にさせる理由とは

    • 4

      暴君・始皇帝を賛美する中国ドラマ──独裁国家を待ち…

    • 5

      英首相ジョンソン、和歌山沖定置網のクジラ捕獲に懸…

    • 6

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

    • 7

      「#ジョンインちゃん、ごめんね」 養父母による虐待死…

    • 8

      メルケル独首相が、ツイッターのトランプアカウント…

    • 9

      窮地の文在寅に金正恩から「反日同盟」の危険な誘惑

    • 10

      「現代版スターリン主義者」習近平が踏み出した相互…

    • 1

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

    • 2

      マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

    • 3

      ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

    • 4

      無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

    • 5

      「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

    • 6

      トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

    • 7

      七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

    • 8

      「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

    • 9

      議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

    • 10

      米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

    • 1

      「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

    • 2

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

    • 3

      脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

    • 4

      マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

    • 5

      世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

    • 6

      ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

    • 7

      台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

    • 8

      北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

    • 9

      無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

    • 10

      米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】埋もれゆくシベリア「骨の道」の記憶