Newsweek

中台関係

台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没させられる」と一蹴

2020年12月18日(金)15時39分
ジョン・フェン

    人民解放軍のZ9型攻撃ヘリコプター Jason Lee-REUTERS

    <「空母キラー」と呼ばれる台湾の新しいコルベット艦は、「中国海軍の艦船の相手ではない」と中国国営メディア>

    中国国営メディアは、台湾が新たに公開した「空母キラー」の異名を取るコルベット艦について、中国の戦闘ヘリ一機で沈没させられる程度のものだと一蹴した。

    中国共産党機関紙人民日報系のタブロイド紙「環球時報」は12月16日付の社説の中で、中国空母に対抗するために台湾が新たに公開したステルス哨戒艦「塔江」について、中国人民解放軍のZ9型攻撃ヘリコプターの標的になり得るだろうと述べた。

    台湾は15日に北東部の宜蘭県にある龍徳造船所で、自主建造した「塔江」の進水式を行った。台湾の蔡英文総統も進水式に参列した。

    「塔江」には複数のミサイルや対艦兵器が標準搭載され、軍事アナリストらは、中国海軍に対する奇襲攻撃も可能なことから、台湾の沿岸防衛の要になるだろうと指摘している。しかし中国の軍事評論家、宋忠平は環球時報に対し、「塔江」は「高い射撃能力を持つ小型の艦船だが、人民解放軍に対する戦術は計画どおりにはいかないだろう」と述べた。

    宋はさらに、台湾メディアが「空母キラー」と呼んでいるこの高速艦について、台湾海峡で軍事衝突が勃発しても、中国軍の艦船が相手になることはないだろうと主張した。「人民解放軍はそもそも台湾のコルベット艦に対抗するのに艦船を使わず、航空機で破壊するかもしれない」と彼は述べた。

    「脅威増大」で発注数を増やした

    環球時報は、中国軍のZ9型ヘリコプター1機でも、「塔江」を沈没させられるだけの弾薬が搭載できると指摘。「つまり、このコルベット艦はZ9型ヘリコプターの餌食になり得る訳だ」と述べた。

    人民解放軍は11月以降、南シナ海で実弾発射を伴う軍事演習を展開しており、同海域に配備されている075型強襲揚陸艦に搭載されている複数のZ9型ヘリコプターもこの演習に参加している。075型強襲揚陸艦は最大30機の攻撃ヘリコプターを搭載可能で、今年に入って南シナ海に1隻、東シナ海に1隻配備されている。

    「塔江」は2021年7月に就役予定で、台湾海軍は16日に発表した声明の中で、2023年までに6隻、2025年までにさらに5隻を建造する予定だと述べた。当初は2025年までに3隻を調達する計画だったものの、「敵からの脅威が増大している」ため、発注を増やしたということだ。

    蔡は11月に、台湾として初めて、独自に潜水艦の建造を開始したと発表。2025年までに8隻が引き渡される予定だ。

    アナリストたちは、これらの「メイド・イン・台湾」の潜水艦とコルベット艦について、既存の地上発射型対艦ミサイルシステムと合わせて、中国による台湾奪取を阻止する上で鍵を握る防衛手段となるだろうと指摘している。

    本誌紹介

    特集:人民元研究

    本誌 最新号

    特集:人民元研究

    一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

    2021年3月 9日号  3/ 2発売

    人気ランキング

    • 1

      リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

    • 2

      無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラックホール 星図が作成される

    • 3

      ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

    • 4

      赤ちゃんの手足が真っ青に──コロナ関連小児多臓器症…

    • 5

      なぜドラえもんの原っぱには「土管」がある? 東京の「…

    • 6

      こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

    • 7

      新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両…

    • 8

      バブルは弾けた

    • 9

      バイデン政権のシリア爆撃が、ロシア、シリア政府、…

    • 10

      「STOP 112」タイで唱えられる反政府メッセージの意味

    • 1

      屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

    • 2

      バブルは弾けた

    • 3

      中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

    • 4

      がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

    • 5

      トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

    • 6

      弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

    • 7

      あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

    • 8

      ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

    • 9

      リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

    • 10

      アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

    • 1

      フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

    • 2

      ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

    • 3

      屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

    • 4

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

    • 5

      韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

    • 6

      バブルは弾けた

    • 7

      中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

    • 8

      全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

    • 9

      現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

    • 10

      こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】コロナ禍でドライブインシアター人気が再び