インドネシア

孤児支援の募金かたりテロ活動 バリ爆弾テロの実行組織、まさかの資金調達方法

2020年12月3日(木)20時10分
大塚智彦

    インドネシアの雑貨店では募金箱を見かけることが一般的だ。SBTV Pangkalan Bun / YouTube

    <202人もの犠牲者を出したテロ事件の実行組織が、長年活動してきた資金の出所は意外なところだった>

    インドネシアの国家警察と対テロ特殊部隊である「デンスス88」は、同国のイスラム系テロ組織である「ジェマ・イスラミア(JI)」がコンビニエンスストアやガソリンスタンドなどの一般商業スペースに設置した募金箱を使ってテロ活動の資金を調達して武器購入、爆弾製造などの元手に充てていたことを解明したと発表した。

    募金箱はいずれもJIが設立した孤児支援団体などを名乗ったNGO団体を装い、JIメンバーがボランティアとかたり、投じられた募金を回収していたという。

    インドネシアの人口約2億7000万人の約88%という圧倒的多数を占めるイスラム教徒の間では「持てる者は持たざる者や困窮者を助ける」という喜捨(寄付)の精神があり、イスラム教礼拝施設である「モスク」などには「寄付のための箱や入れ物」がよく設置されている。

    またインドネシアでは街中で生活困窮から道行く人に寄付を求める人の姿も珍しくなく、多くの人が小銭を手渡す姿が日常的にみられる。

    こうしたイスラム教徒の相互扶助の精神を悪用したテロ組織による「募金箱」設置は、一般のイスラム教徒からも「イスラム教の精神を踏みにじるもの」と批判を浴びている。

    善意を悪用した「寄付詐欺」の全容は未解明で、募金箱に投じられた寄付総額も現在のところ明らかになっていないが、過去約20年間にわたって募金箱作戦が続いていたとみられることからかなりの金額になると指摘されている。

    逮捕したJIメンバー24人の捜査

    インドネシアの主要メディアのひとつ「ジャカルタ・グローブ」電子版が12月2日に伝えたところによると、国家警察のアウィ・スティヨソ報道官はJIのメンバー24人を10月から11月にかけてインドネシア各地で逮捕したことを1日に明らかにした。

    発表によると、スマトラ島南部ランプン州で8人、ジャワ島のジャカルタ首都圏の8人をはじめ、中部ジャワ州4人、西ジャワ州2人、バンテン州とジョグジャカルタ特別州で各1人の合計24人のJIメンバーをテロ関連容疑で逮捕したという。

    この24人の中にはJIがこれまで関与した数々の爆弾テロ事件で、爆弾製造やメンバー募集などに関与した疑いがある幹部容疑者2人が含まれているという。

    そしてこの24人の容疑者への取り調べの過程で、JIの活動資金の調達方法の一つとして「募金箱」が使われていた実態が明らかになったという。

    本誌紹介

    特集:世界が尊敬する日本人100

    本誌 最新号

    特集:世界が尊敬する日本人100

    免疫学者から歌舞伎役者、ユーチューバーまで世界が認めた日本の天才・異才・鬼才100人

    2021年8月10日/2021年8月17日号(8/ 3発売)

    人気ランキング

    • 1

      恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

    • 2

      大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

    • 3

      誰にも聞こえない周波数で歌う世界一孤独な「52ヘルツのクジラ」の謎

    • 4

      気候変動の影響で地球の自転軸がずれた──最新研究

    • 5

      中国発の大ヒットSF小説『三体』に秘められた中国的…

    • 6

      太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

    • 7

      こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

    • 8

      自宅療養で人々を見殺しにすると決めた菅首相

    • 9

      「反マスク派」ポスターを剥がした女性、仕込まれて…

    • 10

      仮説上の天体『テイア』の遺物が地球深部に存在する…

    • 1

      東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

    • 2

      いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

    • 3

      恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

    • 4

      1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

    • 5

      ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

    • 6

      福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

    • 7

      大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

    • 8

      パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

    • 9

      なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

    • 10

      女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録…

    • 1

      東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

    • 2

      1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

    • 3

      加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

    • 4

      20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

    • 5

      「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

    • 6

      「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

    • 7

      「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

    • 8

      人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

    • 9

      韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

    • 10

      いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】ウトヤ島乱射事件、惨劇の被害者との10年目の再会