Newsweek

中国共産党

ジャック・マーは中国当局に「消された」のか? 中国を逃れた不動産王の予言が話題に

2021年1月5日(火)15時30分
イワン・パーマー

    ジャック・マーはどこに行った? Charles Platiau-REUTERS

    <2カ月にわたって公の場に姿を現さず、ツイッターも更新していないアリババ創業者に何が起こっているのかをめぐり、憶測が飛び交っている>

    中国の電子商取引大手アリババと傘下の金融会社アント・グループの創業者である馬雲(ジャック・マー)が行方不明になっている──複数のメディアがこう報じたことを受けて、ソーシャルメディア上では、米在住の中国人不動産王が「マーは殺されるか収監される」と予想した動画が拡散されている。

    500億ドルを超える純資産を保有し、かつては中国の富豪ランキングのトップに君臨したマーは、ここ2カ月ほど公の場所に姿を見せていない。審査員として出演もしていた起業家育成コンテスト番組「アフリカズ・ビジネス・ヒーローズ」も、11月に行われた最終回の収録には参加せず、代わりにアリババ幹部の彭蕾(ルーシー・ペン)が代役を務めた。

    英フィナンシャル・タイムズ紙は、マーの番組降板は「スケジュールの調整がつかなかったため」と報道したが、同番組の最終回に出演したある起業家は、「中国ではジャック・マーの周辺で何かが起きているようで、代わりの人物(ペン)が出演した」と述べた。

    金融規制の批判が原因か

    マーが「行方不明」になっていることには、彼が2020年10月に上海での演説で、中国の金融規制当局を「老人クラブ」と批判したことが関係しているのではないかと言われている。彼は上海の会合で、「現在の金融システムは産業化時代の遺物だ」と批判。「私たちは次の世代と若い人々のために、新しいシステムをつくらなければならない。現在のシステムの改革をすべきだ」と主張した。

    そこで改めて注目されツイッター上で拡散されているのが、2019年9月に収録されたあるインタビュー動画だ。インタビューを受けているのは、中国指導部の汚職疑惑を暴露し、2014年に国外逃亡した不動産王の郭文貴。金融メディア「リアル・ビジョン」のインタビューで2019年9月にアリババの会長を退いたジャック・マーの今後について聞かれた郭は、「道は2つしかない」と指摘している。「中国の大富豪の末路は、収監か死。そのいずれかだ」と語った。インタビューを行ったカイル・バスはこう聞き返した。「つまりマーは刑務所に行くか、殺されるかだ、ということですね」

    郭はさらに、アリババ傘下の民間金融会社アント・フィナンシャル(現在はアント・グループ)が中国政府にとって「大きな問題」を引き起こしていると指摘した。同社は中国の銀行制度に打撃をもたらしており、中国政府としてはアントを「なくしたい」のだと述べた。

    本誌紹介

    特集:人民元研究

    本誌 最新号

    特集:人民元研究

    一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

    2021年3月 9日号  3/ 2発売

    人気ランキング

    • 1

      リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

    • 2

      無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラックホール 星図が作成される

    • 3

      ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

    • 4

      赤ちゃんの手足が真っ青に──コロナ関連小児多臓器症…

    • 5

      なぜドラえもんの原っぱには「土管」がある? 東京の「…

    • 6

      こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

    • 7

      新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両…

    • 8

      バブルは弾けた

    • 9

      バイデン政権のシリア爆撃が、ロシア、シリア政府、…

    • 10

      「STOP 112」タイで唱えられる反政府メッセージの意味

    • 1

      屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

    • 2

      バブルは弾けた

    • 3

      中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

    • 4

      がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

    • 5

      トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

    • 6

      弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

    • 7

      あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

    • 8

      ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

    • 9

      リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

    • 10

      アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

    • 1

      フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

    • 2

      ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

    • 3

      屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

    • 4

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

    • 5

      韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

    • 6

      バブルは弾けた

    • 7

      中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

    • 8

      全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

    • 9

      現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

    • 10

      こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】コロナ禍でドライブインシアター人気が再び