Newsweek

対談

【船橋洋一×國井修】日本のコロナ対策に足りない3つの要素

2021年1月7日(木)17時40分
澤田知洋(本誌編集部)

    國井修グローバルファンド戦略投資効果局長(左)と船橋洋一アジア・パシフィック・イニシアティブ理事長(右)

    <船橋洋一氏(元朝日新聞主筆)と、ジュネーブで活躍する感染症対策の第一人者・國井修氏が日本の新型コロナ対策について対談。見えてきたのは、日本の3つの弱点と感染症対策を阻む根深い体質だった>

    本誌紹介

    特集:ルポ新型コロナ 医療非崩壊

    本誌 最新号

    特集:ルポ新型コロナ 医療非崩壊

    第3波の日本で「通常」の医療体制は崩壊したが現場には硬直した体制を変え命を守った人々もいた

    2021年3月 2日号  2/24発売

    人気ランキング

    • 1

      バブルは弾けた

    • 2

      がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

    • 3

      コロナ危機が招いた株価バブルは2021年に終わる

    • 4

      大口投資家がビットコインの買い占めに走り、個人投…

    • 5

      トランプの扱いを巡って米国共和党の内紛は三国志状…

    • 6

      タイガーが暴露症の女ばかり選んだ理由(アーカイブ…

    • 7

      弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

    • 8

      なぜドラえもんの原っぱには「土管」がある? 東京の「…

    • 9

      ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

    • 10

      フランス・リヨン市、環境派市長「給食を肉なしメニ…

    • 1

      屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

    • 2

      中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

    • 3

      バブルは弾けた

    • 4

      がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

    • 5

      トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

    • 6

      動画で見る、トランプ時代の終焉の象徴

    • 7

      弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

    • 8

      あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

    • 9

      アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

    • 10

      強大化する中国を前に日米豪印「クアッド」が無力な…

    • 1

      フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

    • 2

      ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

    • 3

      屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

    • 4

      さようならトランプ、負債3億ドルと数々の訴訟、捜査…

    • 5

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

    • 6

      韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

    • 7

      中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

    • 8

      全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

    • 9

      バブルは弾けた

    • 10

      現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】コロナ禍でドライブインシアター人気が再び