Newsweek

韓流ドラマ

大人気ドラマの世界を再現した「愛の不時着展」に行ってみた!

2021年1月8日(金)16時30分
大橋 希(本誌記者)

    エピソードごとに場面写真や映像などが展示されている「愛の不時着展」 (C)CultureDepot. (C)STUDIO DRAGON CORP

    <韓国財閥令嬢と北朝鮮軍人の恋を描くヒットドラマ『愛の不時着』の展示会では、数々の写真や映像、小道具が見られるが......>

    日本のNetflixで配信開始されたのが昨年の2月下旬。10カ月以上たっても、いまだに根強い人気があるのが韓国ドラマ『愛の不時着』だ。今月初めに主演2人の熱愛報道が出たためか、再びNetflixの視聴ランキング「今日の総合トップ10」で1位に浮上している(1月8日現在)。

    韓国の財閥令嬢でアパレルブランド社長のユン・セリ(ソン・イェジン)と、北朝鮮の軍人リ・ジョンヒョク(ヒョンビン)の恋を描くこのドラマの世界を再現した「愛の不時着展」が東京・原宿のjingで始まった(1月8日~2月27日開催の東京を皮切りに大阪、福岡、名古屋を巡回予定)。7日にはプレス向け内覧会が行われたので、足を運んでみた。

    fujichaku01.jpg

    第1話の出会いの場面を再現 (C)CultureDepot. (C)STUDIO DRAGON CORP

    これは日本オリジナルの企画で、いわば「世界初」の展示会。未公開写真を含む450点以上の写真のほか、ドラマで使用した衣装や小道具が展示されている。ユン・セリとリ・ジョンヒョクの愛の始まりを象徴する木にからまったパラグライダー(撮影で使われた実物)や、ジョンヒョクの家のリビング(カーテン、カーペット、テーブル、ガラス扉付きの棚は実物)、2人が乗った自転車を見ると、さまざまな場面が頭の中によみがえってくる。ジョンヒョクが湖畔で弾いたピアノを日本まで運んできたのも素晴らしい(駅ピアノのように演奏可能なら、なおよかったが)。衣装からは登場人物の姿をリアルに感じられるし、本編映像のほかメイキング映像も流れ、ドラマのファンは存分に楽しめるだろう。

    fujichaku03.jpg

    ジョンヒョクの家のリビング。セリがビール缶で作った「北緯38度線」も (C)CultureDepot. (C)STUDIO DRAGON CORP

    南北分断の解説や資料があれば......

    だが、「解説」が少ないことにもったいなさを感じた。『愛の不時着』の魅力は障壁のある恋、韓国財閥一家の愛憎劇、北朝鮮という国家がからむサスペンスなどいろいろあるが、特に新鮮だったのは、脚色はあるにせよ北朝鮮の市民生活が伝わってくるところ。そして「統一したら」というセリフがたびたび登場し強い印象を残したように、テーマの1つは南北問題だ。

    fujichaku05.jpg

    セリとジョンヒョクをリアルに感じる (C)CultureDepot. (C)STUDIO DRAGON CORP

    朝鮮戦争に出兵した息子の無事を祈った痕跡が残る廃屋、北朝鮮の名物料理であるハマグリのガソリン焼き、北朝鮮の病院での輸血、軍事境界線での別れ......そうした場面の背景にある現状や南北分断の歴史的経緯がきちんと分かる解説や資料があれば、さらによかったのにと思う。NHKの大河ドラマ展などと比べるのは酷かもしれないが、深さが感じられない。

    ドラマを最終回まで見終わった後の「愛の不時着ロス」という言葉も生まれたほどだが、実際にはNetflixに加入していれば何度でも視聴し、ドラマの世界に浸ることはできる。メイキング映像もYoutubeで見られる。厳密にいえば、「ロス」にはならない。せっかくなら物を展示するだけでなく、フィクションとリアルの橋渡しをし、ドラマの世界をさらに広げてくれる仕掛けがほしかった。

    本誌紹介

    特集:人民元研究

    本誌 最新号

    特集:人民元研究

    一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

    2021年3月 9日号  3/ 2発売

    人気ランキング

    • 1

      リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

    • 2

      無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラックホール 星図が作成される

    • 3

      ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

    • 4

      赤ちゃんの手足が真っ青に──コロナ関連小児多臓器症…

    • 5

      なぜドラえもんの原っぱには「土管」がある? 東京の「…

    • 6

      こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

    • 7

      新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両…

    • 8

      バブルは弾けた

    • 9

      バイデン政権のシリア爆撃が、ロシア、シリア政府、…

    • 10

      「STOP 112」タイで唱えられる反政府メッセージの意味

    • 1

      屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

    • 2

      バブルは弾けた

    • 3

      中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

    • 4

      がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

    • 5

      トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

    • 6

      弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

    • 7

      あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

    • 8

      ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

    • 9

      リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

    • 10

      アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

    • 1

      フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

    • 2

      ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

    • 3

      屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

    • 4

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

    • 5

      韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

    • 6

      バブルは弾けた

    • 7

      中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

    • 8

      全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

    • 9

      現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

    • 10

      こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】コロナ禍でドライブインシアター人気が再び