Newsweek

中国

米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたいアメリカの修復力

2021年1月10日(日)18時41分
遠藤誉(中国問題グローバル研究所所長)

    トランプ支持者が議会突入 Shannon Stapleton-REUTERS

    トランプ支持者の米議事堂乱入を見て中国の環球時報は喜びを隠し切れず、中国のネットユーザーは狂喜乱舞している。米中覇権において中国に有利に働いているが、しかしそれでもアメリカ民主主義の修復力を信じたい。

    嫌味たっぷりの「環球時報」報道

    中国共産党機関紙「人民日報」傘下にある「環球時報」電子版「環球網」は1月7日、「華春瑩、アメリカの"国会占領"に回答:アメリカ人民が一日も早く平和安定と安全を享受することを希望する」という見出しで社評を載せた。

    それによれば華春瑩は定例記者会見で以下のように述べている。

    (リンク先の彼女の自信に満ち満ちた「ざま―見ろ!」と言わんばかりの勝ち誇った表情をしっかりご覧になりながら、お目通し頂きたい。)

    ――アメリカ人民が一日も早く平和安定と安全を享受することができるように希望します。皆さん、2019年の香港における修正案に対する風波(抗議運動)に対して、アメリカの一部の人たちがメディアに対して何と言ったか覚えておられますよね?中国のネットユーザーたちも強い関心を以てアメリカのこの騒動を注意深く見ています。なぜなら、この光景は香港での光景と非常に似ているからです。

    でも、この同じ光景に対して、なぜか、アメリカの一部の人(=ペロシ下院議長)とメディアは、全く異なる言葉で表現していましたね。どんな言葉を使っていましたっけ?

    そう、「美しい光景だ」と言っていませんでしたか?

    そして香港政庁を襲う暴徒を「民主の英雄」と讃えていませんでしたか?

    さて、このたび、多くのトランプ支持者がホワイトハウス、米議会議事堂に乱入しました。おまけに死者まで出しています。この人たちは「暴徒」ではないんですか?

    アメリカのメディアはホワイトハウス乱入者を「暴徒」「暴力事件」「テロリスト」「国家の恥辱」と攻め立てていますね。アメリカの一部の人に再び聞きましょう。死者を出しても、アメリカならば、これらの乱入者は「民主の英雄」なのですか?

    現象が同じなのに、表現が全く異なるのは興味深いことです。私たちはこの事実を深く見つめなければなりません。コロナ禍で大変な中、私はアメリカ人民の平和安定と安全を祈ります。

    本誌紹介

    特集:人民元研究

    本誌 最新号

    特集:人民元研究

    一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

    2021年3月 9日号  3/ 2発売

    人気ランキング

    • 1

      リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

    • 2

      無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラックホール 星図が作成される

    • 3

      ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

    • 4

      赤ちゃんの手足が真っ青に──コロナ関連小児多臓器症…

    • 5

      なぜドラえもんの原っぱには「土管」がある? 東京の「…

    • 6

      こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

    • 7

      新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両…

    • 8

      バブルは弾けた

    • 9

      バイデン政権のシリア爆撃が、ロシア、シリア政府、…

    • 10

      「STOP 112」タイで唱えられる反政府メッセージの意味

    • 1

      屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

    • 2

      バブルは弾けた

    • 3

      中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

    • 4

      がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

    • 5

      トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

    • 6

      弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

    • 7

      あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

    • 8

      ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

    • 9

      リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

    • 10

      アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

    • 1

      フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

    • 2

      ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

    • 3

      屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

    • 4

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

    • 5

      韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

    • 6

      バブルは弾けた

    • 7

      中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

    • 8

      全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

    • 9

      現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

    • 10

      こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】コロナ禍でドライブインシアター人気が再び