Newsweek

北朝鮮

「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金与正......その降格の背景

2021年1月12日(火)16時10分
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト) ※デイリーNKジャパンより転載

    今回の党人事で金与正は肩書の上では降格したが KCNA-REUTERS

    <党中央委員会の部長など特定部門を担当する要職に就けば、失政の責任を問われて経歴に傷が付くリスクがある>

    北朝鮮の平壌で5日から行われている朝鮮労働党第8回大会で10日、党中央委員138人と委員候補111人が選挙され、続けて行われた党中央委員会第8期1回総会で、政治局常務委員会委員など権力中枢の指導機関メンバーを選出した。

    その中で注目を集めているのは、金正恩氏の妹・金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長の人事だ。政治局委員候補から外れており、肩書の上では降格と言える。党中央委員会部長の名簿にも名前がない。これまでのスピード出世を考えれば、肩透かしに近い結果と言える。

    実際、北朝鮮国内には金与正氏への反発もある。デイリーNK内部情報筋によれば、金与正氏が女性の喫煙を規制しようとしたところ、兄の正恩氏がヘビースモーカーであることを理由に、国内の女性から「お前が言うな」というニュアンスの反発が出たとのことだ。また米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、北朝鮮が昨年6月、韓国の脱北者団体による対北ビラ散布への報復として、金与正氏の主導により韓国との南北共同連絡事務所を爆破した際には、地方幹部から「生意気な青二才」などと批判する声が出たという。

    <参考記事:水着美女の「悩殺写真」も...金正恩が神経質になる対北ビラの中身

    もちろん、こうした批判は大っぴらに口にできるものではない。秘密警察に知れれば、物理的に「クビ」が飛ぶことになる。しかし長年、強い男尊女卑の風潮に支配され、男性でも40歳以下は子供扱いされると言われる北朝鮮において、金与正氏の台頭にしっくり来ない思いのある人は少なくないのかもしれない。

    本来ならロイヤルファミリーである「白頭の血統」の一員として、そんなことを気にする必要もない。それでも、金正恩氏にせよ金与正氏にせよ、その若さゆえに「焦ることはない」との判断が出てきてもおかしくはなかろう。

    また、党中央委員会の部長など特定部門を担当する要職に就かなければ、失政の責任を問われて経歴に傷がつくリスクもない。

    実際、金与正氏は党中央委員会委員としては21番目の高位に名を連ねており、今後もさながら権力中枢の「遊撃手」として、金正恩氏を補佐していくと見られる。

    <参考記事:「急に変なこと言わないで!」金正恩氏、妹の猛反発にタジタジ

    [筆者]
    高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト)
    北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。関西大学経済学部卒業。98年から99年まで中国吉林省延辺大学に留学し、北朝鮮難民「脱北者」の現状や、北朝鮮内部情報を発信するが、北朝鮮当局の逆鱗に触れ、二度の指名手配を受ける。雑誌、週刊誌への執筆、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に『コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記―』(新潮社)、『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』(宝島社)、『北朝鮮ポップスの世界』(共著、花伝社)など。近著に『脱北者が明かす北朝鮮』(宝島社)。

    ※当記事は「デイリーNKジャパン」からの転載記事です。

    dailynklogo150.jpg



    20210309issue_cover150.jpg
    ※画像をクリックすると
    アマゾンに飛びます

    3月9日号(3月2日発売)は「人民元研究」特集。一足先にデジタル化する人民元の本当の実力――中国の通貨はやがて世界を制するのか。[PLUS]「王者」米ドル、栄光と挫折の歴史

    本誌紹介

    特集:人民元研究

    本誌 最新号

    特集:人民元研究

    一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

    2021年3月 9日号  3/ 2発売

    人気ランキング

    • 1

      リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

    • 2

      無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラックホール 星図が作成される

    • 3

      ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

    • 4

      赤ちゃんの手足が真っ青に──コロナ関連小児多臓器症…

    • 5

      なぜドラえもんの原っぱには「土管」がある? 東京の「…

    • 6

      こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

    • 7

      新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両…

    • 8

      バブルは弾けた

    • 9

      バイデン政権のシリア爆撃が、ロシア、シリア政府、…

    • 10

      「STOP 112」タイで唱えられる反政府メッセージの意味

    • 1

      屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

    • 2

      バブルは弾けた

    • 3

      中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

    • 4

      がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

    • 5

      トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

    • 6

      弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

    • 7

      あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

    • 8

      ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

    • 9

      リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

    • 10

      アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

    • 1

      フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

    • 2

      ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

    • 3

      屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

    • 4

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

    • 5

      韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

    • 6

      バブルは弾けた

    • 7

      中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

    • 8

      全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

    • 9

      現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

    • 10

      こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】コロナ禍でドライブインシアター人気が再び