Newsweek

アメリカ政治

米下院、トランプの弾劾訴追決議案を可決 上院で裁判へ

2021年1月14日(木)10時25分

    米下院は1月13日、トランプ大統領の支持者が連邦議会議事堂に乱入した事件を巡り、反乱を扇動したとして大統領を弾劾訴追する決議案を採決し、232対197の賛成多数で可決した(2021年 ロイター/JONATHAN ERNST)

    米下院は13日、トランプ大統領の支持者が連邦議会議事堂に乱入した事件を巡り、反乱を扇動したとして大統領を弾劾訴追する決議案を採決し、232対197の賛成多数で可決した。

    共和党からは10人が賛成票を投じた。今後、上院で弾劾裁判が開かれることになる。

    トランプ氏は2回の弾劾訴追を受けた史上初の米大統領となった。

    広告

    ただし、トランプ大統領の4年の任期が終わりバイデン氏が大統領に就任する1月20日までに、トランプ氏の罷免が実現する公算は小さいとみられている。

    上院共和党トップのマコネル院内総務は、弾劾裁判の即時開始を求める民主党に対して、トランプ氏の退任までに裁判を終える時間はないとして、要求を拒絶した。

    下院の弾劾訴追決議案可決後、トランプ大統領はツイッターに動画を投稿したが、弾劾訴追に関しては言及しなかった。動画では、自身の支持者らが連邦議会議事堂に乱入した事件を巡って、依然として責任は認めなかったが、暴力行為を非難すると強調した。

    トランプ氏は「集団での暴力行為は、私が信じるものすべてに反する。私の本当の支持者は、政治的暴力を是認しない。本当の支持者は法と秩序を無視しない」とした。

    この日の下院での採決は、ライフルで武装した州兵が議事堂の内外を警備する物々しい雰囲気の中で行われた。

    民主党のペロシ下院議長は採決に先立ち「米国の大統領が今回の暴動をあおった」と断じ、トランプ氏は「去らねばならない。われわれ皆が愛する国に対する明白かつ現実の脅威だ」と訴えた。

    ペロシ議長は可決後、弾劾条項に署名。「悲しい気持ち(で署名した)。わが国への影響を考えると、胸が張り裂けるようだ」とコメントした。

    民主党の大統領候補指名を目指したこともあるフリアン・カストロ議員は、トランプ氏は「歴代の米大統領の中で最も危険な人物」と強調。マキシン・ウォーターズ議員は、トランプ氏は内乱を望んでいると非難、ジム・マクガバン議員は大統領が「クーデターの試みを扇動した」とした。

    これまでに弾劾訴追を受けた米大統領は、トランプ氏(2019年)、ビル・クリントン氏(1998年)、アンドルー・ジョンソン氏(1868年)の3人。いずれも、上院の裁判では「無罪」と認定され、罷免は免れている。
    =====

    トランプ氏弾劾訴追、共和党から批判の声も

    共和党からは、公聴会など通常の手続きを経ず弾劾訴追を急いだ民主党の手法を疑問視する声も上がり、一部の共和党議員は、国の結束と融和を優先して大統領罷免への動きを断念するよう民主党に求めた。

    下院共和党トップのマッカーシー院内総務は、議事堂乱入事件の責任はトランプ大統領にあるとしつつも、「これほど短い期間で大統領を弾劾訴追するのは誤り」との考えを示した。

    ジム・ジョーダン氏など、トランプ大統領への忠誠心が厚いとされる議員らは、政治的な利益のために行動していると民主党を強く批判。ジョーダン議員は「大統領を追い落としたいだけ」などとした。

    上院の弾劾裁判、開始は来週以降か

    米憲法の規定によると、下院で弾劾訴追決議案が可決されると、上院で弾劾裁判が開かれる。トランプ氏を「有罪」とし罷免するには、3分の2以上の賛成が必要で、共和党から少なくとも17人が賛成に回る必要がある。

    上院共和党トップのマコネル院内総務は、下院の弾劾訴追決議案可決後に声明を発表し、上院の弾劾裁判開始は来週以降になるとした。

    マコネル氏は声明で「上院での手続きが今週始まり、急いだとしても、トランプ大統領の退任までに評決は出せない」と述べた。

    マコネル氏は、バイデン氏の大統領就任前に「公正な裁判」を終えることはできないとし「上院はこれまで、3回の大統領弾劾裁判を開いたが、それぞれ83日、37日、21日を要した」と指摘した。

    一方、民主上院トップのシューマー院内総務は、トランプ氏が上院の裁判で「有罪」となれば、上院はトランプ氏の大統領選再出馬を禁じる決議案について採決を実施すると語った。

    [ロイター]


    トムソンロイター・ジャパン

    Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


    【話題の記事】
    ・1月20日、トランプは「自分の大統領就任式」に出る?
    ・新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体
    →→→【2021年最新 証券会社ランキング】



    本誌紹介

    特集:人民元研究

    本誌 最新号

    特集:人民元研究

    一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

    2021年3月 9日号  3/ 2発売

    人気ランキング

    • 1

      リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

    • 2

      無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラックホール 星図が作成される

    • 3

      ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

    • 4

      赤ちゃんの手足が真っ青に──コロナ関連小児多臓器症…

    • 5

      なぜドラえもんの原っぱには「土管」がある? 東京の「…

    • 6

      こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

    • 7

      新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両…

    • 8

      バブルは弾けた

    • 9

      バイデン政権のシリア爆撃が、ロシア、シリア政府、…

    • 10

      「STOP 112」タイで唱えられる反政府メッセージの意味

    • 1

      屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

    • 2

      バブルは弾けた

    • 3

      中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

    • 4

      がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

    • 5

      トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

    • 6

      弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

    • 7

      あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

    • 8

      ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

    • 9

      リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

    • 10

      アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

    • 1

      フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

    • 2

      ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

    • 3

      屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

    • 4

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

    • 5

      韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

    • 6

      バブルは弾けた

    • 7

      中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

    • 8

      全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

    • 9

      現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

    • 10

      こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】コロナ禍でドライブインシアター人気が再び