Newsweek

感染症対策

オーストラリア専門家、アストラゼネカのコロナワクチン効果に疑問

2021年1月14日(木)10時23分

    オーストラリアの免疫学専門家は、英アストラゼネカとオックスフォード大が共同開発した新型コロナウイルスワクチンの集団免疫形成効果に疑問を呈し、ワクチン接種の全国展開を一時停止するよう求めた。 写真は、アストラゼネカの社名とコロナワクチンのイラスト写真。2020年10月31日に撮影。(2021年 ロイター/Dado Ruvic)

    オーストラリアの免疫学専門家は、英アストラゼネカとオックスフォード大が共同開発した新型コロナウイルスワクチンの集団免疫形成効果に疑問を呈し、ワクチン接種の全国展開を一時停止するよう求めた。

    本誌紹介

    特集:バイデン 2つの選択

    本誌 最新号

    特集:バイデン 2つの選択

    新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

    2021年2月 2日号  1/26発売

    人気ランキング

    • 1

      「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

    • 2

      自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑事責任は?

    • 3

      選挙が民主主義を殺す──世界3大民主主義国で起きていることは日本でも起きている

    • 4

      欧州世論調査「米中対立、アメリカ支持は約2割」

    • 5

      女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

    • 6

      あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

    • 7

      「それは私の仕事ではありません」 ワークマンはそん…

    • 8

      恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

    • 9

      文在寅大統領の対日姿勢が柔軟路線に変わった理由

    • 10

      ガンジス川に沈んだ廃プラ回収事業 年間目標450トン…

    • 1

      バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

    • 2

      あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

    • 3

      「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

    • 4

      全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

    • 5

      バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

    • 6

      去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

    • 7

      共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

    • 8

      自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

    • 9

      イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

    • 10

      未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

    • 1

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

    • 2

      バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

    • 3

      あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

    • 4

      「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

    • 5

      マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

    • 6

      世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

    • 7

      アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

    • 8

      ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

    • 9

      北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

    • 10

      全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】埋もれゆくシベリア「骨の道」の記憶