日本社会

弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった職業、下がった職業

2021年2月24日(水)14時00分
舞田敏彦(教育社会学者)

    ただ、今の時代、弁護士の力を必要としている人は多いはずで、たとえば生活保護の申請同行などは今後爆発的に需要が増すだろう。高齢化の進行に伴い、終活関連業務(財産管理、遺言、相続等)へのニーズも多い。東京から、弁護士が1人もいない過疎地に移住し、この手の業務をこなして住民から愛されている若手弁護士のニュースがあった(関西テレビ、2020年12月16日)。

    弁護士は都会に多く、田舎には少ないのが現実だ。<表2>は法曹の数が多い都道府県のランキングで、全国値を100とした%値が高い順に並べている。

    data210224-chart02.png

    法曹の3割近くは東京に住んでいて、赤字の上位5位の都府県で56%が占められている。人口当たりの数にすると、東京は10万人あたり62人であるのに対し、高知はわずか3人だ。住民の高齢化率を考えると、上記の終活関連の業務は地方でニーズが大きいだろう。こうした偏りは是正すべきではないか。

    住むところを変えるだけで、自身の存在意義の感じ方が大きく変わるかもしれない。過疎地に移住した、上記の若手弁護士が好例だ。コロナ禍の今、弁護士も東京脱出、地方移住の波に乗ってみるのもいいかもしれない。

    <資料:厚労省『賃金構造基本統計』(2019年)
        総務省『国勢調査』(2015年)

    本誌紹介

    特集:ルポ  武漢研究所のウソ

    本誌 最新号

    特集:ルポ 武漢研究所のウソ

    新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

    2021年6月22日号  6/15発売

    人気ランキング

    • 1

      将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

    • 2

      病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親族が発見 インド

    • 3

      中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

    • 4

      カメラや望遠鏡が、紙のように薄くなる?光学素子が…

    • 5

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

    • 6

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

    • 7

      新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

    • 8

      【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

    • 9

      誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

    • 10

      ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

    • 3

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

    • 4

      EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

    • 5

      将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

    • 6

      病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

    • 7

      ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

    • 8

      水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

    • 9

      アジアゾウの群れが大都市の目前に、警察など400人が…

    • 10

      山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

    • 3

      国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

    • 4

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

    • 5

      ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

    • 6

      東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

    • 7

      武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

    • 8

      閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

    • 9

      【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

    • 10

      ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】ゲイの夫夫が手にした父権の肖像