異常気象

太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

2021年4月5日(月)17時00分
松岡由希子

    可視赤外撮像機放射計(VIIRS)によって撮影された観測史上最低気温の雲

    <太平洋南西部ナウル島から約400キロ南の上空にある雲で、観測史上最低のマイナス111.2度が観測された...... >

    太平洋上空で形成された雲で、これまでにない低温が観測されていたことが明らかとなった。
    2018年12月29日、アメリカ海洋大気庁(NOAA)の地球観測衛星「NOAA-20」に搭載された可視赤外撮像機放射計(VIIRS)により、太平洋南西部ナウル島から約400キロ南の上空にある雲で、観測史上最低のマイナス111.2度が観測された。

    雲頂が成層圏に達して、記録的な低温に

    大気の最下層をなす対流圏では、高度が上がるにつれて気温が低下し、熱帯域でマイナス90度にも達する。雷雲や熱帯低気圧は高度18キロにまで発達して、雲頂が低温になるが、非常に強力であれば、対流圏を突き抜け、成層圏に達して、さらに冷やされる。この現象を「オーバーシュート」という。

    grl62064-fig-0001-m.jpg


    イギリスの国立地球観測センター(NCEO)の研究チームが2021年3月22日に学術雑誌「ジオフィジカル・リサーチ・レターズ」で発表した研究論文では、「この雲はオーバーシュートして、雲頂が高度20.5キロに達し、マイナス111.2度という記録的な低温となった」と結論づけている。

    matuoka20210405c.jpg

    雲の極低温は近年、頻繁にみられるようになった

    このような雲の極低温は近年、より頻繁にみられる。アメリカ航空宇宙局(NASA)の地球観測衛星「アクア」に搭載された中分解撮像分光放射計(MODIS)が2004年から2020年までに観測したデータを研究チームが分析したところ、この期間中に観測された極低温のうちの半数が2017年から2020年に観測されたものであった。


    雲の低温がなぜ頻繁に観測されるようになったのか、現時点で明らかになっていない。研究論文の筆頭著者で国立地球観測センターのサイモン・プラウド博士は、「低温の雲による雷雨はより猛烈になりやすく、雹や稲妻、強風によって、人々に被害をもたらすおそれが高まる」と警鐘を鳴らすとともに、「これが気候変動によるものなのかどうか、解明する必要がある」と指摘している。

    ●参考記事
    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれがある
    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒の動画で示される
    北磁極の移動速度が加速している......シベリアに向けて移動し続ける

    本誌紹介

    特集:世界があきれる東京五輪

    本誌 最新号

    特集:世界があきれる東京五輪

    国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
    「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

    2021年6月15日号  6/ 8発売

    人気ランキング

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

    • 3

      歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき9つの場所

    • 4

      話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

    • 5

      誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

    • 6

      【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

    • 7

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

    • 8

      将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

    • 9

      ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

    • 10

      ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

    • 3

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

    • 4

      ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

    • 5

      EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

    • 6

      山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

    • 7

      武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

    • 8

      「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

    • 9

      水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

    • 10

      アジアゾウの群れが大都市の目前に、警察など400人が…

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

    • 3

      脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

    • 4

      国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

    • 5

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

    • 6

      ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

    • 7

      東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

    • 8

      閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

    • 9

      武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

    • 10

      パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】ゲイの夫夫が手にした父権の肖像