不動産

韓国ソウル、マンション平均価格が9億ウォン突破 全国でも9カ月で25%も上昇、文政権への怒り広がる

2021年4月12日(月)11時44分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

    ソウルの高級住宅街、江南のマンション群。NicolasMcComber - iStockphoto

    <韓国ソウルと釜山の両市長選挙では与党が惨敗。敗因に挙げられる文在寅政権の住宅政策の失敗とは?>

    今年初めに不動産経済研究所が発表した統計によると、昨年の東京都23区の「分譲マンション平均価格」は、前年比5.8%アップの7,712万円だったという。

    2017年に7000万円台を突破した都内のマンション価格は、東京五輪の開催やコロナ禍で通勤時間を短くするため都心回帰の流れもあり、全体的に盛り上がりを見ている。一方で東京五輪の終了後、生産緑地の80%が指定解除され宅地として売り出されることによる供給過剰、いわゆる「2022年問題」も迫っており、都内のマンション価格は今後大きく変動するとみられている。

    一方、こちらも高騰が続いているという韓国のマンション価格はどうだろうか?

    ソウルのマンション価格は東京の1.4倍

    韓国不動産院統計によると、今年2月のソウル市内マンション価格の平均は9億382万4000ウォン(約8千8百万円)と、初めて9億ウォンを突破し話題となった。

    また、全国統計でも上位20%のマンション価格が、この3月に史上初の10億ウォンを突破し、大きく報道された。史上初!という冠が付くと、何やら大ごとのように感じてしまうが、実は2020年6月には、上位20%が8億ウォンを突破したと話題になったばかりなのである。さらに、その4カ月後の10月には9億ウォンを記録。1年も経たないうちに、25%も上昇したわけで、韓国のマンション価格高騰がどれだけ急激なものか想像いただけるだろう。

    その一方で、韓国の全国統計の下位20%は、2013年ごろから多少上がったり下がったりしたものの、1億1000万ウォン台で横ばいを続けている。上位20%が10億ウォンを突破した3月の時点で、下位20%の平均価格は1億1599万ウォンだった。つまり、上位と下位の格差も史上最高となってしまったのだ。

    住宅価格が結婚にも影響

    このような急激な変化は、国民のライフスタイルにも大きな影響を与えている。

    日本同様に出生率の低下が問題視されている韓国だが、婚姻率自体が大きく低下している。韓国統計庁によると、「韓国年間婚姻数」は、2010年の32万6104組に比べ、昨年2020年は21万3520組と3割以上も減少してしまった。

    理由を探るため、韓国女性家族省が発表したアンケート「結婚を躊躇/もしくは、しない理由」を見てみよう。これは、昨年15歳から39歳の韓国人男女1万101人を対象に行われた調査結果である。

    結婚しない理由として、「結婚後の新居準備などの費用」と答えたのは、女性が8.5%に対し、男性はなんと20.5%と2倍以上の大きな差がある。この回答は、男性側の理由で第3位だ。これには韓国の結婚準備にまつわる男女の役割が関係している。

    一般的に韓国では結婚する際、新居を男性が、家財道具を女性が準備する習わしがある。筆者の友人の30代韓国人男性も、最近彼女と結婚するために、これまで貯めたお金と両親からの援助を受け、ソウル近郊の住宅地に中古マンションを購入したそうだ。ソウル市内のマンションはさすがに高くて手が出せないので、隣の市に引っ越すことになった。通勤時間はこれまでの倍はかかるという。

    本誌紹介

    特集:世界があきれる東京五輪

    本誌 最新号

    特集:世界があきれる東京五輪

    国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
    「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

    2021年6月15日号  6/ 8発売

    人気ランキング

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

    • 3

      歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき9つの場所

    • 4

      話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

    • 5

      誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

    • 6

      【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

    • 7

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

    • 8

      将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

    • 9

      ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

    • 10

      ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

    • 3

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

    • 4

      ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

    • 5

      EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

    • 6

      山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

    • 7

      武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

    • 8

      「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

    • 9

      水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

    • 10

      アジアゾウの群れが大都市の目前に、警察など400人が…

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

    • 3

      脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

    • 4

      国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

    • 5

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

    • 6

      ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

    • 7

      東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

    • 8

      閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

    • 9

      武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

    • 10

      パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】ゲイの夫夫が手にした父権の肖像