Newsweek

ドイツ

「口だけ立派」なメルケル時代の終焉で、ドイツに押し寄せる厳しい現実

2021年4月7日(水)17時03分
ヨシュカ・フィッシャー(元ドイツ外相)
    ドイツのアンゲラ・メルケル首相

    メルケル引退が迫り、9月の総選挙では政権交代の可能性が MICHAEL KAPPELERーPOOLーREUTERS

    <メルケルの引退が迫るなかで与党CDUは迷走しているが、今こそドイツは巨大な構造的課題に取り組むべきだ>

    アンゲラ・メルケル時代が終わりに近づいている。その評価はどうであれ、2005年11月にドイツ首相に就任して以来、メルケルは独自の姿勢を貫いてきた。

    政治における一時代が静かに幕を閉じることはまれだ。ドイツ政界のムッティ(お母さん)の「長いお別れ」も例外ではない。ここへきて、ドイツ政治はようやくヒートアップし始めた。

    ドイツは相次ぐ地方選挙や州選挙、9月26日には総選挙が行われる「スーパー選挙イヤー」を迎えている。3月14日には、皮切りとなる州議会選が2州で実施された。結果が示したのは、メルケルの出身母体キリスト教民主同盟(CDU)と姉妹政党キリスト教社会同盟(CSU)が下野する可能性だ。

    バーデン・ビュルテンベルク州とラインラント・プファルツ州で実施された議会選では、CDUが大敗を喫する一方で緑の党が躍進し、自由民主党(FDP)も安定した支持を集めた。今や緑の党、黄色がシンボルカラーのFDP、赤を象徴とする社会民主党(SPD)がタッグを組む「信号連立」の誕生が噂され、政権交代のシナリオが突如、現実味を帯びてきたようだ。

    メルケル政権に対しては、新型コロナウイルス対策をめぐる批判が膨らむ。マスク調達に絡んで連立与党議員2人が巨額の金銭を受け取った汚職疑惑も持ち上がった。

    キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)の権力の真空状態は、いまだに解消されていない。CDU現党首のアーミン・ラシェットは説得力に欠ける指導者で、よりカリスマ性のあるCSUのマルクス・ゼーダー党首と跡目争いをしている。国政選挙では数十年にわたってCDUの地盤だった2州での大敗、緑の党の着実な伸長はCDU・CSUが迎えかねない破滅的事態の前兆だ。

    メルケル時代は、中国の巨大輸出市場の開放というグローバル化の絶頂期とほぼ一致していた。だが国内政治では、改革への抵抗が目立った有言不実行の時代として記憶されるだろう。数々の作業グループが設立されたものの、特筆すべき結果は生まれていない。

    確かに、11年の福島第一原発事故を受けてドイツは脱原発に舵を切り、15年には大勢のシリア難民などを迎え入れる決断を下した。だが、こうした達成は例外だ。

    本誌紹介

    特集:若返りの最新科学

    本誌 最新号

    特集:若返りの最新科学

    老化は止められる? 治療の「秘薬」を探す研究に巨額マネーが流入するシリコンバレーの最前線

    2021年5月25日号  5/18発売

    人気ランキング

    • 1

      池江選手に五輪辞退をお願いするのは酷くない

    • 2

      ヘンリー王子は「洗脳されている」「王室はもう彼を信用できない」──王室伝記作家

    • 3

      ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」 欧州選手団がマジギレの東京五輪プレ大会

    • 4

      ミャンマー、地元武装勢力が撤退 国軍との戦闘激化

    • 5

      NY在住の大江千里、ワクチン接種後に副反応? 体調…

    • 6

      捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

    • 7

      ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

    • 8

      窮地に立たされる英アストラゼネカ・ワクチンの秘策…

    • 9

      アストラゼネカ製ワクチンで健康な40代男性が血栓を…

    • 10

      メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

    • 1

      脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

    • 2

      ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」 欧州選手団がマジギレの東京五輪プレ大会

    • 3

      パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

    • 4

      捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

    • 5

      日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

    • 6

      ヘンリー王子は「洗脳されている」「王室はもう彼を…

    • 7

      【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

    • 8

      池江選手に五輪辞退をお願いするのは酷くない

    • 9

      金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

    • 10

      インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われ…

    • 1

      メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

    • 2

      「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

    • 3

      オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

    • 4

      脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メ…

    • 5

      親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

    • 6

      メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

    • 7

      ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

    • 8

      韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

    • 9

      ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

    • 10

      パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】1979年、レズビアンたちの肖像