地球

緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

2021年4月9日(金)19時30分
松岡由希子

    米国の大西洋沿岸で森林が枯死する「ゴーストフォレスト」急速に広がっている...... Google Earth -Emily Ury

    <米ノースカロライナ州東部のアリゲーター・リバー国立野生保護区では、1984年以来、伐採や開発が行われていないにもかかわらず、森林の4分の1が消滅したことがわかった...... >

    気候変動に伴う海面上昇や異常気象によって、陸地により多くの海水が浸入し、かつて緑豊かであった森林が枯死してしまう「ゴーストフォレスト」が、米国の大西洋沿岸で急速に広がっている。

    森林の11%がゴーストフォレストとなった

    米デューク大学の研究チームは、地球観測衛星「ランドサット」が1985年から2019年までに高度430マイル(約692キロ)から撮影した地表の画像を用いて、ノースカロライナ州東部の大西洋岸沿いに位置する24万5000エーカー(約991平方キロメートル)のアルバマール=パムリコ半島の植生の変化を分析し、その研究成果を2021年4月4日、学術雑誌「エコロジカル・アプリケーションズ」で発表した。

    これによると、わずか35年で、このエリアを被覆する森林の11%がゴーストフォレストとなった。なかでも、5年にわたる干ばつに続いて2011年8月にハリケーン・アイリーンが上陸したことから、2011年から2012年の1年で3510〜5490ヘクタールものエリアがゴーストフォレストとなっている。

    研究チームは、分析対象となったエリアのうち、固有の森林湿地やアメリカアカオオカミなどの絶滅危惧種を保護する「アリゲーター・リバー国立野生保護区」に注目した。アリゲーター・リバー国立野生保護区では、1984年に創設されて以来、伐採や開発が行われていないにもかかわらず、1985年時点の森林の4分の1に相当する4万6950エーカー(約190平方キロメートル)以上の森林が消失した。また、この森林損失の過半は海岸から1キロ以上離れた内陸で起こったという。

    森林損失の要因のひとつとして海面上昇があげられる。ノースカロライナ州の沿岸では1900年から2000年までに海面が約1フィート(約30センチ)上昇した。海面上昇のペースは世界の平均値よりも速く、今世紀末までには2〜5フィート(約60〜150センチ)上昇するおそれがある。

    排水用の溝や用水路から海水が流入した

    研究論文の筆頭著者でデューク大学の博士課程に在籍するエミリー・ユーリさんは、アリゲーター・リバー国立野生保護区の大部分が海抜2フィート未満であることから「海面上昇に対してより脆弱なエリアだ」と指摘するする。

    これに加えて、20世紀半ばに設置された排水用の溝や用水路が海水の「導管」となった。淡水の塩分濃度の約400倍にのぼる海水が流入し、土壌に塩が残留すると、塩耐性の低い樹種はやがて枯死し、森林が塩性湿地に変わる。

    さらに、2011年のハリケーン・アイリーンでは、6フィート(約180センチ)もの高潮が押し寄せて、アリゲーター・リバー国立野生保護区を襲い、海岸から1.2マイル(約1.9キロ)以上離れた内陸まで達した。

    ユーリさんは、「ノースカロライナでは、地質学的要因により、他の沿岸地域に比べて海面上昇が進行しているにすぎない」とし、「この研究成果は、他の地域での『ゴーストフォレスト』化の抑制に向けたマネジメントに役立つだろう」と述べている

    ●参考記事
    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれがある
    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒の動画で示される
    北磁極の移動速度が加速している......シベリアに向けて移動し続ける

    The Seeds of Ghost Forests

    本誌紹介

    特集:世界があきれる東京五輪

    本誌 最新号

    特集:世界があきれる東京五輪

    国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
    「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

    2021年6月15日号  6/ 8発売

    人気ランキング

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

    • 3

      歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき9つの場所

    • 4

      話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

    • 5

      誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

    • 6

      【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

    • 7

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

    • 8

      将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

    • 9

      ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

    • 10

      ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

    • 3

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

    • 4

      ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

    • 5

      EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

    • 6

      山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

    • 7

      武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

    • 8

      「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

    • 9

      水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

    • 10

      アジアゾウの群れが大都市の目前に、警察など400人が…

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

    • 3

      脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

    • 4

      国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

    • 5

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

    • 6

      ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

    • 7

      東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

    • 8

      閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

    • 9

      武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

    • 10

      パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】ゲイの夫夫が手にした父権の肖像